おしゃれで快適、子どもも喜ぶ!親子フェスキャンプのアイテム選び


フェスキャンプに出かけたら、子ども連れであっても、アイテムのデザインや快適さにはこだわりたいもの。また、子ども連れならではの、安全面や飽きさせない工夫も必要です。

 

実際に親子でフェスキャンプを楽しむ小林剛さんに、親子フェスキャンプのアイテム選びや工夫を聞きました。




サイト作りは無理なく快適でおしゃれに!

吉田カバンのデザイナーでもある小林剛さん

 出典  Funmee!!編集部


―― 小林さん親子のテントサイト、素敵ですね! テントがふたつありますが、親子別々のテントで寝るんですか?

 

いえいえ、テント内は狭いので、中が荷物でグチャグチャにならないように、ひとつは物置きにして、雨が降っても守られるようにしていて。もうひとつのテントでふたり一緒に寝ているんです。僕、テントサイトの快適さにはかなりこだわっていて、アウトドアでもちゃんとくつろげるようにしたいんですよね。



左のテントはローカスギアの「Khafra Sil」、右奥はデイナデザインの「Nuk Tuk」。真ん中のタープはニーモ・イクイップメントの「シャドウキャスター110」

 出典  Funmee!!編集部


―― 真ん中にタープがあって、どちらにもアクセスしやすい配置ですね。食事はどうしていますか?

 

シングルバーナーを持っていって、朝食用にロールパンとウィンナーを焼いてホットドッグにしたり、それぞれ好きなカップ麺を買っていって食べたり、ちょっとした野外調理を楽しんでいます。フェスは露店が充実しているので、ちゃんとした食事はそれで済ませています。



自分たちで頑張って作ろうとしすぎず、楽しめる範囲の調理をするだけ

 出典  Funmee!!編集部


―― なるほど。無理して調理器具を全部そろえなくてもいいですもんね。アイテム選びやサイト作りは、何を参考にしているんですか?

 

主にインスタグラムです。いいなと思うキャンパーさんをフォローしたり、気になっている商品をハッシュタグで検索したりして、チェックしています。できれば実物を見て決めたいので、買うのはアウトドアショップとネットの半々ぐらいですね。



音楽を流しながら汗だくで設営後、冷えたビールを飲むのが最高!


―― 設営を楽しく快適にするコツはありますか?

 

僕の場合、まずはレジャーシートの上にギアを全部並べ、時間帯とロケーションに合った音楽を流して「設営スタート!」っていう感じです。設営が終わって汗だくになったところで、着替えてビールを飲むのが至福のときですね!



アウトドアでもレコードを楽しめるION Audio「Vinyl Motion」。ただし、レコードは高温や直射日光に弱いので注意を

 出典  Funmee!!編集部


―― ひと仕事の後の冷えたビール、いいですね。

 

僕はキンキンに冷えたビールが好きで、クーラーボックスに保冷剤をいっぱい入れているので、フェス3日目の朝でも飲み物は冷たいんです! 入れ方にもコツがあって、クーラーボックスの底と側面、上に保冷剤をしっかり敷き詰めて、上にアルミの保冷シートをかぶせるといいって、ネットで調べました(笑)。当たり前ですが、クーラーボックスを開けたらすぐ閉めるのも鉄則です。



底、側面、上に保冷剤を入れ、さらに保冷シートをかぶせれば、キンキンに冷えたドリンクの準備万端!

 出典  Funmee!!編集部


―― なるほど、ギア選びだけでなく使い方も重要なんですね。ところで、キャンプって撤収や片付けも大変では?

 

そうなんですよね。僕が心がけているのは、撤収のときに、来たときと同じぐらいきっちりしまうこと。そうすると、帰ってからの片付けが断然楽なんです。



インドアの遊びをアウトドアでするのが、実は楽しい


―― フェスキャンプでは、奏太(そうた)くんとどんなふうに遊んでいますか?

 

今、ふたりでハマっているのは「ベイブレード」(現代版ベーゴマ)です。他にもトランプとかボードゲームとか、家の中でやるような遊びをあえて外でやると、意外と楽しいんですよ(笑)。あと、奏太を待たせないといけないときのために、本は何冊か持っていきますね。



途中で合流した小林さんの友人と一緒に、ベイブレードで熱戦!

 出典  Funmee!!編集部


―― ところで、フェスに来てあってよかったなと思ったものは?


ポーターと、アウトドアショップ「バックストリート」さん、雑誌「GO OUT」さんとのコラボレーションアイテムの、防水加工のレジャーシートです。テント前に敷いて物の出し入れ時にちょっと置いたり、雨のときにカートにかけてギアが濡れないようにしたりと、思わぬところで大活躍していますね。



レジャーシートは設営前や撤収時にアイテムを並べるときにも活躍

 出典  Funmee!!編集部


■プロフィール

小林剛さん

神奈川県横浜市出身。多摩美術大学を卒業後、2005年に吉田カバンに入社。フェスへの参加からアイデアを得ての商品開発の他、カジュアルアイテムやビジネスアイテムなど、さまざまなシリーズを手がける。ロックとダンスミュージックをこよなく愛する二児の父でもある。





===

企画・編集協力:枻(エイ)出版社

文:山賀沙耶 (Saya Yamaga)

写真:是枝右恭 (Ukyo Koreeda)

撮影協力:富士すそ野ファミリーキャンプ場



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP