【ロードバイクが気になる!】20万円以上これがオススメ

20万円以上の価格帯のロードバイクを手に入れたいという人は、かなり本気度の高い方でしょう。この価格帯はカーボンフレームのモデルが購入できるレンジであり、カーボンの素材やつくりに応じて、エントリーモデル、ミドルモデル、ハイエンドモデルがそろっています。なおかつ価格に応じてコンポーネントのグレードもあがります。


では、初心者は何を選べばいいでしょう? これにはある程度、価格の落としドコロを見つけることが重要です。



20万円以上のロードバイクのなかで、初心者の方にオススメしたいのは、カーボンフレームにシマノ105コンポーネントが付いた完成車です。実はこの「カーボンフレーム+105」のモデルは、長らく自転車界で「最初の1台に最適」といわれてきました。もちろん、いまもそういわれています。


その理由は、


① 価格帯が20~30万円と手が届きやすい

② 「軽い、速い、軽快に操れる」と、ロードバイク楽しさを初心者でも体験できる


この2つが叶うからです。




 提供  Felt Racing LLC, Riteway products Japan Co.,LTD


カーボンフレームはいまの主流であり、たとえエントリー向けのフレームであっても、軽くて衝撃吸収性が高く、スピードを出すにも長距離を走るのにも最適です。また、「シマノ105」はレーシングコンポとして変速性能が高く、ブレーキもよく利くから操作しやすいのが特徴です。


これらを踏まえると、ロードバイクという乗り物の実力の片鱗を十分に感じられる「カーボンフレーム+105」のモデルがオススメというわけです。あとは予算が許せばフレームやコンポーネントのグレードを上げていく、というのがいいでしょう。


また、購入時は完成車とは別に、ヘルメットやライト、パンク修理キットなども必要になってきます。ウエアも自転車用の専用品が使い勝手がいいです。



フレームにカーボンを使ったモデルが続々


ロードバイクは20万円以上の価格帯になるフレームにカーボンを使ったモデルが続々と登場します。いまのロードレースの世界はカーボンフレームが主流ですので、「プロ選手が乗るようなモデルがほしい」と考える方は最も注目したい価格帯です。


あくまで目安ではありますが、カーボンフレームのロードバイクは10万円台後半~35万円前後がエントリーモデル、30~60万円前後がミドルモデル、60万円以上がハイエンドモデルという位置づけになっていることが多いです。




カーボンフレームのロードバイクの価格帯の目安

 出典  Funmee!!編集部





コンポーネントにはレーシング用モデルも

ディスクブレーキ。パーツの構造点数が多いのでリムブレーキより重量が重くなるが、ブレーキレバーを軽く握るだけで大きな制動力を出せる。下りや雨の日にも強い

ディスクブレーキ。パーツの構造点数が多いのでリムブレーキより重量が重くなるが、ブレーキレバーを軽く握るだけで大きな制動力を出せる。下りや雨の日にも強い

 出典  Funmee!!編集部


コンポーネントは、シマノなら105、アルテグラ、デュラエースのいずれかが装着されています。3つともレーシング用コンポーネントとして開発されたもので、変速段数は2×11=22スピードです。

(参考:「シマノ ロードバイク用コンポーネントシリーズのグレードと主な用途」


また、ブレーキは20万円以下のモデルではタイヤのリムにシューと呼ばれるゴムを押さえつけて制動を行うキャリパーブレーキが主流でしたが、20万円以上のモデルにはホイールの中心部に円盤状のプレートをつけて、そのプレートを押さえつけて制動するディスクブレーキも増えています。制動力は一般的にディスクブレーキの方が高く、この傾向は最近の自転車界のトレンドといえます。






アルテグラDi2の前側の変速機。手元の変速レバーを押すと変速機内のモーターを介してガイド(写真の銀色の部分)が内側や外側に移動する

アルテグラDi2の前側の変速機。手元の変速レバーを押すと変速機内のモーターを介してガイド(写真の銀色の部分)が内側や外側に移動する

 出典  Funmee!!編集部




最新のテクノロジーを狙うなら電動コンポーネントを



シマノのコンポーネントは105、アルテグラ、デュラエースの順番でグレードが高くなっていきますが、アルテグラとデュラエースには、変速機が電動で動く「Di2」と呼ばれる電動コンポーネントがあります。価格帯で分けると、105、アルテグラ、アルテグラDi2、デュラエース、デュラエースDi2の順番になります。


2009年にDi2が登場したときは、「人力の自転車に電動がいるの?」と猜疑的な意見もありましたが、レバーを指で引く力がいらないことから、疲れていても変速操作がより確実にできるとプロ選手に支持され、いまや広く普及しています。ボタンひとつで変速機が動き、チェーンがニュルニュルと移動する感覚は非常に新鮮です。一度使ってしまったら手放せないという人が多いです。


完成車の価格は50万円以上~(アルテグラのDi2の場合)となってしまいますが、買うなら最新のテクノロジーが欲しいという方は、電動コンポーネントのDi2装着車にこだわるのもありだと思います。





ジャイアント TCRアドバンスド 1 KOM



 提供  ジャイアント


20万円台のエントリー用カーボンロードバイクのなかでアルテグラを装着する貴重な1台。カセットスプロケットは軽めのギヤ(11-34T)で、上りも苦にしない仕様になっています。



ジャイアント TCRアドバンスド 1 KOM


メーカー希望小売価格:245,000円(税抜)

フレーム:アドバンスド グレード コンポジット

フォーク:アドバンスド グレード コンポジット

メインコンポーネント:シマノ アルテグラ

変速段数:22スピード

ホイール:ジャイアント P-R2 DBL

重量:7.7kg(フレームサイズ445mm)




メリダ スクルトゥーラ ディスク4000

 提供  メリダ


プロチームにも供給されているスクルトゥーラシリーズのエントリー~ミドルレンジモデル。軽量なカーボンフレームに、ブレーキはディスクブレーキ(油圧式)を装着といまのトレンドも備わっています



メリダ スクルトゥーラ ディスク4000


メーカー希望小売価格:239,000円(税抜)

フレーム:スクルトゥーラ CF2ディスク

フォーク:スクルトゥーラ カーボン プロ

メインコンポーネント:シマノ 105

変速段数:22スピード

ホイール:メリダ エキスパート 22SLディスク

重量:8.3kg(フレームサイズ50cm)

ブリヂストンアンカー RL8エキップ

 提供 ブリヂストンアンカー


コストパフォーマンスに優れた標準弾性のカーボン素材を使いつつ、フレーム設計はトップモデルと同じ最新技術を採用。「バイクの推進力を最大化する」をコンセプトに上質で洗練された走りを実現しています。



ブリヂストンアンカー RL8エキップ


メーカー希望小売価格:255,000円(税抜)

フレーム:プロフォーマット 3ピースカーボン

フォーク:カーボンモノコック

メインコンポーネント:シマノ 105

変速段数:22スピード

ホイール:シマノ WH-RS010

重量:8.0kg(フレームサイズ480mm)

スペシャライズド ターマック メン エリート

 提供 スペシャライズド


スペシャライズドを代表するSワークス ターマックは数々のビッグレースで優勝を飾ってきた名マシン。その走り&イメージを受け継ぐ同モデルは、これからレースにエントリーする人にぴったりです。ホイールには軽量なDT製を採用しています。


スペシャライズド ターマック メン エリート


メーカー希望小売価格:260,000円(税抜)

フレーム:スペシャライズド ターマックSL4 ファクト9rカーボン

フォーク:スペシャライズド ファクト カーボン フル モノコック

メインコンポーネント:シマノ アルテグラ

変速段数:22スピード

ホイール:DT R460



キャノンデール スーパー シックス エヴォ カーボン アルテグラ

 提供 キャノンデール


オールラウンドレーサーとして、走る距離や場所を問わずに楽しめるモデル。イマドキのロードバイクには少なくなったトップチューブが水平基調のオーソドックスなスタイリングが逆に新鮮です。


キャノンデール スーパー シックス エヴォ カーボン アルテグラ

 

メーカー希望小売価格:270,000円(税抜)

フレーム:スーパーシックス エヴォ バリスティック カーボン

フォーク:スーパーシックス バリスティック カーボン

メインコンポーネント:シマノ アルテグラ

変速段数:22スピード

ホイール:マヴィック アクシウムWTS

重量:―kg



キャノンデール キャード12アルテグラ

 提供  キャノンデール


キャノンデールはカーボンモデルだけでなく、アルミモデルにもいまも力を注いでいるメーカー。人気モデルのキャード12アルテグラはシリーズのトップモデルで、軽く高剛性&機敏な運動性能をもっています。



キャノンデール キャード12アルテグラ

 

 メーカー希望小売価格:260,000円(税抜)

フレーム:キャード12 スマートフォーム C1プレミアム アロイ

フォーク:キャード12 バリスティック カーボン

メインコンポーネント:シマノ アルテグラ

変速段数:22スピード

ホイール:マヴィック アクシウム

重量:―




イタリアのデローザのエントリーモデル。サイズバリエーションが豊富で150cm前後の小柄な方から180cm前後のライダーまで幅広く対応します。 ハートをあしらったブランドロゴマークも人気が高いです。



フェルト FR3

 提供  Felt Racing LLC, Riteway products Japan Co.,LTD


フェルトのラインナップのなかで、純粋なロードレーサーとして知られるのがFRシリーズ。直感的に操作できる素直なハンドリングやハイスピードでも安定した走りを披露します。勝つためのスペックを与えられたバイクです。


フェルト FR3


メーカー希望小売価格:328,000円(税抜)

フレーム:フェルト レース ロード UHCアドバンスド+テクストリーム カーボン

フォーク:UHCアドバンスド+テクストリーム カーボンモノコック

メインコンポーネント:シマノ アルテグラ

変速段数:22スピード

ホイール:DT Swiss P1825 Classic

重量:7.4kg(サイズ56)



ピナレロ ガン

 提供  ピナレロ


自動車メーカーのジャガーと共同開発した経験をもとに、優れた空力性能が得られるチューブデザインを採用。湾曲した形状のオンダフォークも同社ならではの自信作で軽快な操作性を実現します。



ピナレロ ガン

 

メーカー希望小売価格:310,000円(105ミックス完成車、税抜)

フレーム:ハイストレングス カーボン T600 UD

フォーク:オンダ F8 T600 UD

メインコンポーネント:シマノ 105

変速段数:22スピード

ホイール:フルクラム レーシングスポーツ

重量:―



デローザ フェデ

 提供  デローザ


イタリアのデローザの新モデル。アルミフレームでも良質な素材を使っているため乗り心地がやさしくファーストバイクにぴったり。仕様はサイズによって異なり、小さ目のサイズ(38.5SL、41SL)はクランクを短めにして小柄な方が乗りやすいようにアレンジ。後半サイズ(44SL、47SL)は標準仕様のクランクです。コンポーネントとホイールも変わります。



デローザ フェデ 


メーカー希望小売価格:215,000円(税抜)

フレーム:アルミ

フォーク:アルミ

メインコンポーネント:シマノ 105(38.5SL、41SLサイズ)、カンパニョーロ ケンタウル(44SL、47SLサイズ)

変速段数:22スピード

ホイール:シマノ WH-RS010(38.5SL、41SLサイズ)、カンパニョーロ カムシン(44SL、47SLサイズ)





ロードバイクパーツカタログ2018(エイムック)

良いフレームを買ったら、どんどん快適な走りを追求していきたい! そんな気持ちを後押しする最新パーツカタログ。

amazonで見る 楽天市場で見る


===

文:田中弾(Dan Tanaka)

タイトル写真提供:Felt Racing LLC, Riteway products Japan Co.,LTD



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP