#01 「タイスキ鍋」と「ル・クルーゼ」
グルメ
【鍋、大好き!】︎

#01 「タイスキ鍋」と「ル・クルーゼ」


料理は奥深く楽しい趣味! でも、鍋ならカンタンでワイワイやれる。冬も趣味にイソしんでいるアナタに、仲間や家族と楽しんでもらいたい、Funmee!!ならでは鍋特集をお送りします。

 

機能的なものからかわいらしいものまで、どの家庭にもひとつはある「鍋」にスポットを当てて、鍋料理好きな方たちにご自身が愛用の鍋を見せていただきました!




料理研究家も惚れ込んだ「ル・クルーゼ」

ル・クルーゼのデュッフ。ビタミンカラーのオレンジがかわいらしい
 出典  Funmee!!編集部
ル・クルーゼのデュッフ。ビタミンカラーのオレンジがかわいらしい


森村芳枝さんは、ル・クルーゼのアンバサダーとしても活躍している料理研究家。森村さんがル・クルーゼと出会ったのは、料理写真の第一人者としても知られているフォトグラファー・佐伯義勝さんのアトリエセールだったといいます。

 

かねてから欲しいと思っていたル・クルーゼの鍋でしたが、カラーバリエーションが豊富で、どのカラーを購入しようか迷っていたときだったのだとか。




初期の頃に開発されたデュッフには、鍋蓋の裏に突起がついています
 出典  Funmee!!編集部
初期の頃に開発されたデュッフには、鍋蓋の裏に突起がついています


このときに出合ったのが、1934年に発表されたル・クルーゼの「デュッフ」。フタ裏に蒸気の還元を助けるための突起がついたタイプで、形も現在のものとは少し違っています。

 

「ひと目惚れでした。この鍋で最初に作ったのは、いちじくのコンポートです。いつもよりもさらに、ふっくら美味しいコンポートができ上がって、とってもテンションが上がりましたね」




デュッフの他にも魅力あふれるシリーズが

カリビアンブルーというネーミングもまた美しい「<br />
マルミット」
 出典  Funmee!!編集部
カリビアンブルーというネーミングもまた美しい「
マルミット」


「デュッフももちろんお気に入りなのですが、料理によって違う形も欲しくなってきて、いまでは6個ほどのル・クルーゼを使い分けています。カリビアンブルーのマルミットは、底が浅いので煮物や鍋物などに重宝しています」

 

ル・クルーゼは1925年にフランスで生まれた鋳物ホーロー鍋のブランドです。小さな村の鋳物工場から、90年以上の歳月をかけて世界中で愛される鍋へと成長してきた、鋳物ホーロー鍋の代表的存在といえます。




洋食用の鍋は底が深いのが一般的ですが、マルミットは浅底が特徴の鍋です
 出典  Funmee!!編集部
洋食用の鍋は底が深いのが一般的ですが、マルミットは浅底が特徴の鍋です


ル・クルーゼの魅力は、熱伝導率がよく、保温性も高いところが上げられます。食材にゆっくりと熱が伝わり、素材の旨味を逃さずに閉じ込めてくれるので、煮ものやスープなどの料理が、手間をかけずとも美味しくでき上がります。

 

機能性が高いのはもちろんですが、カラーバリエーションの豊富さ、そしてフォルムのかわいらしさも森村さんがル・クルーゼを選んだ理由だそう




愛用鍋を使って作るのは「タイスキ鍋」

タイ風しゃぶしゃぶ「タイスキ」に入れる具材は、お好みでOK。タイスキダレがこの料理のポイント
 出典  Funmee!!編集部
タイ風しゃぶしゃぶ「タイスキ」に入れる具材は、お好みでOK。タイスキダレがこの料理のポイント


マルミットを使ってこの日いただいたのが、タイ風しゃぶしゃぶの「タイスキ」。タイ料理に魅せられて、タイ料理研究家としても活動している森村さんおすすめの鍋料理です。鶏ガラスープに野菜や海鮮、肉などを入れて、自家製のタレでいただきます。寒い冬にも暑い夏の日にもぴったりなアジアの味わいです。




具材をタレにつけていただく。鍋のお供にはタイのビールを!
 出典  Funmee!!編集部
具材をタレにつけていただく。鍋のお供にはタイのビールを!


カリビアンブルーのル・クルーゼが置かれた食卓は、それだけでパッと華やぐ。

 

「いままでにもさまざまな鍋を使ってきましたが、ル・クルーゼで料理をすると気持ちが上がるんです! 料理初心者にもおすすめしています。私も、次はどんなカラーを購入しようかいまから迷っているんです」

 

料理の楽しみは、鍋を選ぶところから始まっているのです。





■プロフィール

森村芳枝さん


料理研究家。茶道、懐石料理を学んだ後に、タイ料理に魅せられ竹下ワサナ氏にタイ料理を、山崎てい子氏にフルーツカービングを学ぶ。現在は、東京の自宅にて懐石料理で習得した技術を生かしたタイ料理教室『ヨシエズキュイジーヌ』を主宰している。

 

 

===

文=千葉泰江(Yasue Chiba)

写真=岡崎健志(Kenji Okazaki)



グルメ
2018年1月29日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング