#015 ボウリングのマイボール、持ってます!(後編)
マニア
【編集長ジャック・酔狂な‟モノ”語り】︎

#015 ボウリングのマイボール、持ってます!(後編)


どうも編集長のジャックです!

前回に続きボウリングのマイボールの話を。そもそもマイボールを持っているだけで酒席の鉄板ネタとして使えたりするのですが、サーフボードだけ持って波乗りしない“丘サーファー”みたいじゃなく、一時は本当に頑張って投げてました。


ただし、一生懸命頑張るけれど上達しないのが、どの趣味においても僕のキャラクターらしく、スコアの話とかはしたくありません。



ただ、もう少しだけボウリング場で「お!? この人、通なの?」と思われるネタをご披露すると、ボウリング場の受け付けの際に「アメリカンでお願いします」と頼んでみてください。


アメリカンとは2レーンを1フレームごとに使うゲームのことで、競技の際に使われる方式。ちなみに通常の1レーンだけを使うのはヨーロピアン。まあ、お遊びなので、あくまでネタとして。



これがシーソークロス。液状のクリーナーをボールに垂らして、左右の取っ手を上下に動かすことで磨けます
 出典  Funmee!!編集部
これがシーソークロス。液状のクリーナーをボールに垂らして、左右の取っ手を上下に動かすことで磨けます


そうそう、僕がなんでボウリングにハマったかのは、映画『バッファロー'66』と『ビッグ・リボウスキ』を観たから。


そのどっちかか両方かは忘れてしまいましたが、ボールを「シーソークロス」という布で磨くシーンが出てくるのですが、それがめちゃくちゃやりたかったんです。


そんなところからハマるのも趣味ということで、毎回のことですが、オヤジの趣味の琴線はどこにあるかわからんなーという、嫁にはわかってもらえない話ではありますネ。



 


===

文:ジャック・タカハシ



マニア
マニア
2018年1月25日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング