小さな鉄板一枚がアウトドアライフを変える!「ヨコザワテッパン」の外ごはん


“冒険”をテーマにさまざまなアウトドアギアを扱うセレクトショップ「冒険用品」。ここにシンプルながら最高にうまい「外ごはん」を作れる鉄板があると聞き、ショップのある八王子へ向かった。


冒険用品のオーナーであり、かつて釣り雑誌の編集長も務めた水口謙二さんに、“噂の鉄板”こと「ヨコザワテッパン」について教えていただいた。




ただの鉄板だが、ただ者じゃない「ヨコザワテッパン」

これが噂の「ヨコザワテッパン」。油紙に包んで袋にしまうだけ

 出典  Funmee!!編集部


一見、ただの鉄板の「ヨコザワテッパン」。付属品は鉄板をつかむ道具と油紙、焦げを剥がす金属ヘラ。そしてそれらを入れる袋のみ。


この鉄板をシングルバーナーの上に乗せて、着火。あとは肉や野菜、魚介を焼く。たったそれだけのシンプルな調理ですが、ほどよい厚さと絶妙な大きさが、外ごはんで威力を発揮する調理器具なのです。


厚さ約4.5mmで重さは約1kg。荷物の少ない低山ハイクや少人数のキャンプ、バイクのキャンプツーリングなどに相性がよさそう。



“重さ約1kg”と、“おいしい外ごはん”をこころの天秤にかける。おのずと“おいしい”が勝る

 出典  Funmee!!編集部

おいしく焼ける秘密は、熱が均一に広がる厚さ4.5mmにあり

 出典  Funmee!!編集部

鉄板が“育つ”!? 使うほど味わいが深まるおもしろさ

ブ厚い肉もこの通り均一に焼ける

 出典  Funmee!!編集部


使い方もシンプル。バーナーに設置したヨコザワテッパンを火で温め、肉を置くだけ。以上! 油はひかなくても肉の脂が出るので肉そのものを焼くだけでOK。



シンプルな鉄板だから、焼きつつアウトドア用ナイフで切ることも

 出典  Funmee!!編集部


あらかじめ、肉を焼く面と直火を当てる面を決めておくのがおすすめです。バーナーの火が直接あたる面は変色し、食材を焼く面も味わいが出てくるんだそう。


「ジーンズも使えば使うほどいい色になってきますよね。あれと同じで、焼き面がいい具合に使い込まれ、さらにおいしく焼けるようになるんです」


さらに、手入れが簡単なこともユーザーたちから支持されています。


「ヨコザワテッパンは片付けることが手入れになります。中華鍋やダッチオーブンと同様に、肉を焼いたらヘラで汚れを落とし、キッチンペーパーで磨いて、付録の油紙に挟むだけ。自然のなかで洗剤を使うことは水質汚染の原因になりかねないですが、これならその心配もありません」




アウトドアフィールドでの出会いから商品へ

河川の木陰で焼肉を楽しむ

 出典  Funmee!!編集部


親しみやすいネーミングは、この商品が生まれた理由と大きく関わっています。


「この商品はアングラーであり、アウトドアライターである横澤テッペイさんが使っていた個人的なギアだったんです。だから彼の名を冠しています」


横澤さんとは、水口さんが釣り雑誌の編集をしていたころからの友人で、以前からこの鉄板の良さは知っていたのですが類似の商品はない。そこで水口さんの独立を機に、横澤さんと交渉を重ね、口説き落として商品化しました。


「そもそもヨコザワテッパンは、芸術家である横澤さんのお父さんの発想から生まれたものなんです。あるとき作業台を固定するため敷いていた鉄板が目に留まり、その鉄板で焼肉をしてみたらおいしかった。ライターの横澤さんは、そのお父さんのひらめきを自分のためにブラッシュアップして実用化したそうです」



調理の手間を減らして、自然にいる時間を味わおう


ヨコザワテッパンがユーザーに受け入れられているのは、「シンプルで小さく、そしておいしい」という理由だけではないよう。その背景にはアウトドアでの食にかかる手間を減らしたい人が多いことがあるのだとか。


「外ごはんって、凝ろうとすると買い出しから準備、調理に片付けと、けっこう忙しい。仕舞いには調理をするために外に出かけているような気分に……。自然でたくさん遊びたいから調理に手間をかけたくない。でもインスタントはいやだ、おいしいものが食べたいという人には、ヨコザワテッパンと相性がいいですよ(笑)」



ヨコザワテッパン フルセット(4,580円(税込))。袋にはおいしく肉を焼くコツが記載されている

 出典  Funmee!!編集部

 

つまり、調理に手間がかからずおいしいものが食べられるヨコザワテッパンがあれば、キャンプや登山、釣りなどのアクティビティに没頭できる時間を増やせ、調理も自然も楽しめるのです。


そして水口さんはサイズを約半分にし、より軽量化した新商品「ヨコザワハーフ」も発売したばかり。オリジナルのヨコザワテッパンと併せ、今までとはひと味違ったアウトドアライフを楽しめそうです。




▪プロフィール

水口謙二さん

オートバイ雑誌、釣り雑誌「ルアーマガジン」の創刊から編集として携わり、編集者から編集長へ就任。「ルアーマガジン」のほか、「ルアーマガジンソルト」、「ルアーマガジンリバー」、「磯釣りスペシャル」、「ちぬ倶楽部」の5誌の編集長を担う。2011年の3月から独立し、ジェットスロウ社を立ち上げ、自身の経験に裏打ちされたオリジナルのロッドやウエア、釣りと旅に最適なアイテムを手がける。また、釣りと旅をコンセプトに、オリジナル商品やセレクトされたギアを販売するアウトドアブランド「冒険用品」を運営。2014年、東京都八王子市に実店舗をオープン。


冒険用品

東京都八王子市西寺方町363-2

営業時間:11:00〜19:00

休み:火曜



===

文:井上綾乃(Ayano Inoue)

写真:上樂博之(Hiroyuki Joraku)



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP