【趣味人ジドウシャ部:番外編】乗って幸せ!イジって楽しい!モンキー、カスタムの世界


クルマの新旧や機能だけでなく、趣味性の高いクルマ、さまざまな趣味への汎用性が高いクルマを紹介する連載「趣味人ジドウシャ部」。番外編として、ホンダの50ccレジャーモデル「モンキー」をご紹介します。


扱いやすいエンジンと、小柄で愛らしいデザインで幅広い世代に愛されたモンキーも今年の8月で生産終了となりましたが、その趣味性が高さから多くのファンが存在しています。


今回はモンキーの熱狂的ファンのもとを訪れました。

地元の先輩への憧れからはじまったモンキーライフ

最初に購入した1998年式モンキー。エンジンを排気量88ccに載せ替え、SP武川製スカット88ccエンジン、KYOSHIN製ミラー、朝日電装製タンクキャップ、キジマ製オイルクーラーなどDIYでお気に入りのパーツをちりばめ、ルックスもカッコよくカスタマイズ。一番長い相棒的存在です

 出典  Funmee!!編集部


「10代の頃、カッコよくて憧れていた先輩がモンキーに乗っていたんです。それで、自分も免許を取ったらモンキーを手に入れようと思っていました」


モンキーとの出会いを語るのは、神奈川県横浜市戸塚区にあるブリティッシュスタイルのダイニングバー「ファミリーパブ」で店長をしている三宅大吾さん。ホンダの「モンキー」と派生モデルの「ゴリラ」のほか、何台ものバイクを所有する愛好家。仕入れのない時にはモンキーでお店に通うこともあるんだとか。お店に通うお客さんにもバイク乗りが多く、店前の駐輪スペースにバイクが並ぶことも多いのだそう。そんな三宅さんが初めて手にいれたバイクがモンキーでした。


「最初に手に入れたのは1998年式Z50J。エンジンを載せ替えたり、カスタムしたりしながら、いまも乗り続けています」



乗るものイジるのも手軽。身近な存在です。

三宅さんのお気に入りのモンキーたち

 出典  Funmee!!編集部


モンキーの中でも最初に購入した1998年モデルが大のお気に入りで、現在3台も所有。1992年から2008年まで生産されたモデルは、バッテリー12V、CDI式点火、キャブレター採用をした「12Vモンキー」と呼ばれて親しまれいています。中古車の台数が多いので入手しやすく、アフターパーツも豊富というメリットが満載! 特に平成10年の自動車排ガス規制対応前の1998年モデルは人気が高いのです。


「モンキーの魅力は手軽さ。小さくて扱いやすくて乗るのもイジるのも気負いなくできるんです。あと、個人的に小さいモノが好きなんです。オモチャ感覚ですね」



三宅さんのお姉さんが購入したというモンキーは、1974年から1978年まで採用されていた台形型の4リッタータンクが特徴で「4リットル」の愛称を持つモデル。排気量88ccエンジンに載せ替えて、現在コツコツとレストア&カスタム中

 出典  Funmee!!編集部


モンキーに搭載されている横型エンジンは、カブ系モデルやレジャーバイクなどに採用されており、純正でもさまざまな排気量があるので流用しやすいのがポイント。社外パーツもエンジンから外装までさまざまな種類があり、DIYでカスタムしているユーザーも多いのです。



原付バイクには“遅さの美学”があるんです

モンキーとの思い出を振り返る、三宅さん

 出典  Funmee!!編集部


モンキーなどの原付バイクにとって、デメリットに思われがちなのが時速30kmの走行制限。カスタムしたとしてもパワーとスピードには限界があります。しかし、三宅さんはその「遅さ」に魅力を感じていると言います。


「速いバイクに乗りたければ排気量の大きなモデルを買えばいい。50ccには50ccのよさがあるんです」


10代の頃には友人の祖母の家があるという新潟県の花咲温泉まで、仲間3人と原付バイクで走ったこともあるそう。また、富士五湖を周遊したり、江ノ島までツーリングしたことも。



「モンキーのよさは気軽にカスタムできるところ」と語る三宅さん。走りを追求してD.I.Y.でカスタムしたのが2003年式ゴリラ。モンキーの外装を装備したユニークな一台。排気量106ccエンジンを搭載し、ストリートでも不便なく走れる仕様に

 出典  Funmee!!編集部


「交通ルールを守っていても嫌がらせであおられたりすることもありますがそれも経験ですね。ゆっくりがいいんです」


最近では三宅さんのガールフレンドもバイクに興味を持つようになり、モンキーデビューを果たしました!


「彼女がクルマの免許を持っていたので、原付バイクなら乗れるんです。ガレージの前の駐車場で練習して乗れるようになりました。デートで解体屋さんに行ったりして、彼女に『バイクは楽しいよ〜』って言い続けた甲斐がありました(笑)」


モンキー2台でツーリングに行くのが楽しい、と語る三宅さん。新しい楽しみが加わって、バイクライフはさらに豊かに広がりをみせているようでした。



■撮影協力

ファミリーパブ

メゾネットタイプの賃貸マンションに複数の商業施設が設けられた「ファミリーヴィレッジ」の一角にあるダイニングバー。イギリスの片田舎をイメージして作られたと建物は雰囲気満点! 美味しい食事とイギリスをはじめとするヨーロッパ各国の輸入ビールなどが楽しめます。



神奈川県横浜市戸塚区上矢部町1808-1

TEL:045-443-5449

営業時間:11:00〜15:00、17:30〜23:00(日曜はランチのみ)

休み:月曜



===

文:守田二草(Tsugusa Morita)

写真:伊勢悟(Satoru Ise)



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP