音楽
懐かしくて美しい音に耳を傾けて。レコードの楽しみ方

懐かしくて美しい音に耳を傾けて。レコードの楽しみ方


いま、レコードの人気が再燃しています。昔を懐かしんで聞く40代以上の大人たちやサブカルチャーとしてアナログな音楽に興味を持つ若者層まで、スマホやパソコンで楽曲をダウンロードして手軽にどこでも好きな音楽を聴けることが当たり前になりつつあるいま、アナログな音楽の楽しみ方が見直されてきているのでしょう。


そこで、古いレコードが奏でる美しい音を生で聴ける渋谷のロックバー、『33 1/3rpm(33回転)』を営む伊藤滋さんに

レコードの楽しみ方と、レコード収集の意外な方法を教えてもらいました。



まずはレコード鑑賞のための道具をそろえる

大きな傷が入らない限り半永久的に聴き続けられるのもレコードの魅力だと話す伊藤さん。手に持つのはお気に入りのTHE WHO『MY GENERATION』
 出典  Funmee!!編集部
大きな傷が入らない限り半永久的に聴き続けられるのもレコードの魅力だと話す伊藤さん。手に持つのはお気に入りのTHE WHO『MY GENERATION』


—— レコード鑑賞を趣味として始めるために必要な道具を教えてください。


音を出すために必ず用意しなければいけないのは、アンプとプレイヤー、スピーカー、レコード針です。いまのアンプは基本的にほとんどがCD用に作られているので、レコードはフォノ端子があるアンプでなければ音が出せないので注意してください。


私の持論ですが、家で普通に聴くのであればスピーカーとレコード針で音はほとんど決まります。家で軽く聞く分であればスピーカーとレコード針で良いものを使えばアンプとプレイヤーは、特に高いものでなくて大丈夫です。さらに音にこだわりたい場合はアンプが要になるので、イコライザーや澄んだ音を求め出したらそれに応じたアンプが必要になります。針は重低音が強く出るものや高音が綺麗に出るものなど、バリエーションがあるので、自分が聞きたい音楽に合わせた針を見つけて欲しいですね。



店内で使用するプレイヤーはデノンのDP500M。機材へのこだわりもレコードの楽しみ方のひとつ
 出典  Funmee!!編集部
店内で使用するプレイヤーはデノンのDP500M。機材へのこだわりもレコードの楽しみ方のひとつ


—— 自分に合う針を見つけるために失敗しない方法はありますか?


はじめての場合、オーディオショップに相談して買うこと。形式や種類が膨大にあるので、ネットで一人で選ぼうとしても初心者には絶対に無理です。私も最初はプレーヤー付属の標準針をつけていたのが折れた時、オーディオショップで店主に相談して勧めてもらった少し高い針をつけたら、すごく良い音が出て衝撃を受けました。それで針の重要性に気づいたんです。オーディオの勉強はオーディオショップのお店の人と話すのが一番です。針に限らずオーディオ選びは人との会話が全てでしょう。いまはネットでなんでも買える時代ですが、ショップの良さはそこですよね。



33rpmではカウンターの正面の棚にスピーカーを設置
 出典  Funmee!!編集部
33rpmではカウンターの正面の棚にスピーカーを設置


—— 家に機材を置く際の注意点はありますか?


スピーカーの配置は音楽との付き合い方によって意識した方が良いです。上からくる音と真正面からくる音って聞こえ方が違うんですよ。例えばカフェのようにBGMで軽く流すなら上から聴こえる音が適していますが、面と向かってしっかり音楽を聴こうと思ったら耳の高さにスピーカーがあるのがベストです。


だから棚置きにして、周りを囲って後ろに布団かなにかを入れておけば音が跳ね返るのを吸収してくれるのでクリアな音が聴こえますこのお店のスピーカーもカウンターに座っている人が一番気持ち良く聞こえる高さに配置しています。また、スピーカーと自分の位置関係が正三角形になるように配置すると、理想の音環境で音楽を楽しめますね。あと、家で聞く場合は下に低音が響いてしまうと近所迷惑になってしまうので、御影石を敷いて木の足をつけてあげるといいですね。自分の家の音環境を整えるだけで音楽との向き合い方が変わると思いますよ。

 


直感に頼ったジャケ買いが思わぬ良曲との出会いに

実はコレクターが多い“エロジャケ”。ジャケットの世界観が中身とは一切関係のない場合も珍しくはないとか(笑)
 出典  Funmee!!編集部
実はコレクターが多い“エロジャケ”。ジャケットの世界観が中身とは一切関係のない場合も珍しくはないとか(笑)


—— レコードの探し方にポイントはありますか?

 

好きなアーティストやレーベルから探すのが間違いないですが、余裕があれば中身が全くわからないのにジャケットのインパクトだけで買ってしまう“ジャケ買い”も意外と良い出会いに繋がることがありますね。円じゃない変形のレコードだったり、エロジャケのコレクターもいるんですよ。昔は無名のアーティストのレコードの宣伝のためにジャケットに美女を使ったものは多かったから。ビートルズのカバーをした日本のバンドがヌードの女性をジャケットに使ったレコードもありますね。ソウルなんかでも黒人のアーティストだけど、白人の女の子のジャケットを使って白人にも売れることを狙ったものもありました。


基本的にジャケ買いした時は中身には期待してないんですが、まれにすごくカッコイイインディーズアーティストに出会えることもあるんです。そこからそのレーベルを掘ってみたら他にも面白いアーティストに繋がることもあって、そういう予想できない出会いはジャケ買いの魅力ですね。



盤自体が変わった形だったり、ジャケットが正方形ではないものも。一部のコレクターには人気がある
 出典  Funmee!!編集部
盤自体が変わった形だったり、ジャケットが正方形ではないものも。一部のコレクターには人気がある

『インテリアやファッションと同じ感覚で、日常にレコードを取り入れたい』というコンセプトのもと生まれた、「amadana music」のスピーカー内蔵型レコーダー。レコード本来の「上質な音の追求」を実現できます。


■プロフィール

33 1/3rpm代表 伊藤滋さん

 

ビートルズのオリジナルプレス盤の音の良さに感銘を受け、4年前に脱サラしてレコードバー33 1/3rpmをオープン。中学2年生の頃からレコード収集を続けている。



===

文:金原悠太(Yuta Kinpara)

写真:鳥居健次郎(Kenjiro Torii)



2018年4月2日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング