スポーツ
市民ランナーのマスターピース、アシックスのGEL-KAYANO25が社内でも“沸騰シューズ”に!

市民ランナーのマスターピース、アシックスのGEL-KAYANO25が社内でも“沸騰シューズ”に!

どうも編集長のジャックです!

「趣味=ランニング」な人なら、一度は履いたこと・履こうとしたことがあるのでは?な市民ランナーの大定番シューズ GEL-KAYANOの記念すべき25代目のニューモデルが、この6月、満を持して登場します。

Advertisement
こちらが、6月1日に新発売されるGEL-KAYANO 25。1993年にクワガタのフォルムと屈強さとイメージして作られた初代から今年25代目を迎え、相当洗練されたデザインに
 出典  Funmee!!編集部
こちらが、6月1日に新発売されるGEL-KAYANO 25。1993年にクワガタのフォルムと屈強さとイメージして作られた初代から今年25代目を迎え、相当洗練されたデザインに

僕は10年ほど前、このGEL-KAYANOを履いて、初めてホノルルにてフルマラソンに出た思い出があるので、ちょっと贔屓目でみちゃうところがあるのですが(笑)、最初は「カヤノ」って名前が何か異国の呪文かしら? と、国産ブランドらしからぬ!? ネーミングと近未来的なルックスに惹かれて興味をもち、履けばそのファン・トゥ・ランなフィーリングに驚いてファンになりました。ただ、実はここ5年ぐらい、このシューズから遠ざかっていたのですよね。

 

それと言うのもあれだけカッコイイと思っていたルックスが、ちょっとギラついて見えるようになってきて……。でも、カヤノという名前は「榧野さん」という最初の開発者の名前をリスペクトしたバックグラウンドだったり、何より包まれるような独特のフィット感、そして「進化した部分がないと新しいモデルは出さない」と明言するアシックスの潔さに、新モデルが出るとやっぱり注目していたのです。



 

なによりメインカラーのトリコロールがカッコイイ! また25周年のセレブレーションの隠し味が随所に。例えばヒール部分のパッチのデザインは左右で違って左足は「2」。右足は「5」。両足で「25」になってます<br />
 出典  Funmee!!編集部
なによりメインカラーのトリコロールがカッコイイ! また25周年のセレブレーションの隠し味が随所に。例えばヒール部分のパッチのデザインは左右で違って左足は「2」。右足は「5」。両足で「25」になってます

しかし! 今回のGEL-KAYANO 25はひと目見た瞬間「注目する」のではく「買いたい!」と思わず発言してしまいました。だって純粋にカッコイイ! ルックスのことばかり言ってるみたいに聞こえるかもしれませんが、ポテンシャルって面構えに滲み出るものですし、僕のような“なんちゃって市民ランナー”は、カッコ良くなければ履きたくないですから。

 

そういうわけでアシックスさんにブランニューなGEL-KAYANOのことを伺おうと思ったら、「社内でも『履いてみたい!』の声が今回は特に多くて……」らしく、実際にすでに“相棒”にしようと決めているスタッフにそのファーストインプレッションを聞いてみました!

フルマラソンをコレで走りたい!

杉浦大輔さん(27)@アスレチック事業部

 出典  Funmee!!編集部

「大学で短距離をやっていたのですが、長くても走るのは5kmぐらいまで。長距離を走るのは苦手だったんですが(笑)、社会人になったらサブ4(4時間以内完走)できるまで、年に1回はフルマラソンに出場しようと走っています」

 

つまり陸上経験者ながらジョギング歴3年。フルマラソンのこれまでのベストタイムも4時間50分と、中級者から抜け出すかな、ぐらいのレベルという杉浦さん。

 

「KAYANOは4年前に「20」で10km走ったことがあって、意外とクッションが硬いイメージがあったのですが、履いた時の足あたりも踏み込んだ時の感触もマイルドになったイメージですね」

 

何よりひと際目を引いたのがデザイン。やっぱり見た目は大事主義の方がココにもいてくれました。

 

「カラーリングもアッパーのデザインもカッコイイなぁ。これでフルマラソンを走ってみたいと素直に思わせてくれるイメージって大事ですよね!」

 

このGEL-KAYANO25のために新開発されたミッドソール部に使われるフライトフォームライト(左の紺色のパーツ)とフライトフォームプロペル(中央)。フライトフォームライトは前年モデルに比べて軽量化を図ったのに強度を約20%、耐久性を約7%向上させふくらはぎへの負担を減らした。またフライトフォームプロペルも前年度使われていた素材より反発性を約50%、耐久性を約37%も向上させつつ軽量化をも実現している
 出典  Funmee!!編集部
このGEL-KAYANO25のために新開発されたミッドソール部に使われるフライトフォームライト(左の紺色のパーツ)とフライトフォームプロペル(中央)。フライトフォームライトは前年モデルに比べて軽量化を図ったのに強度を約20%、耐久性を約7%向上させふくらはぎへの負担を減らした。またフライトフォームプロペルも前年度使われていた素材より反発性を約50%、耐久性を約37%も向上させつつ軽量化をも実現している

元々、KAYANOフォロワーなのでわかります。

石田亮介さん(33)@アスレチック事業部

 出典  Funmee!!編集部

「元々はサッカーをやってました。ポジションはボランチですから走るのは好き嫌いというより、走らなきゃいけない立場だったんです。ただし好んでランをする感じではなかったかなぁ」

 

そんな石田さんが走りに目覚めた!?のは東京マラソンに当選してからのことでした。

 

「勤めている会社の手前、リタイアできないですからねぇ(笑)。月に100km走ったりしました。KAYANOは23、24、そして今回の25と履いてきたので、僕なりに違いは把握してます。23から24になった時に『軽くなったなぁ』と驚いたのですが、今度の25で『もっと軽くなってる!』って、本当にビックリしたんです。僕はフラットソールでペタペタ走るんですが、そういう走り方にもあっているみたい。走り方への対応の幅が広いのもこのシューズが多くのひとに受け入れられている所以なんでしょうね」

 

当然、次のフルマラソンにもKAYANOで参加したいのところですよね?

 

「ええ、年に1回はフルマラソンに挑戦しようと、大阪・神戸・東京と応募するんですが、これがなかなか当たらない。いいシューズはあるんですが、大会参加という人参がないとモチベーションが上がらないのが目下の悩みです(笑)」

ニューモデルでは足入れのよさを向上させるために、ラスト(靴型)も変更している。特に親指周りのフィット感のよさを念頭に仕立てられた。またダイナミックに動く足にしっかり追従できるようにジャカードメッシュのアッパーを採用した
 出典  Funmee!!編集部
ニューモデルでは足入れのよさを向上させるために、ラスト(靴型)も変更している。特に親指周りのフィット感のよさを念頭に仕立てられた。またダイナミックに動く足にしっかり追従できるようにジャカードメッシュのアッパーを採用した

先輩とシューズに後押しされているかも!?

松田沙耶さん(26)@グローバルアパレル統括部

 出典  Funmee!!編集部

「最近、社内のランニングサークルに入りました。それも先輩に『走るよ!』って背中を押される感じで(笑)。走りたいなぁと思ってはいても、なかなか一人では決心できなくて……。1km走れるかしら? と心配だったのですが、お喋りしながら皆さんと走っていたら、8kmぐらい普通に走れてました」

 

高校まで走高跳びの選手だったベースがあったからこそでしょうが、一緒に走れる仲間がいるのは心強いですよね。

 

「だから先輩にまた『出るよ!』って言われたらフルは無理かもですが、10kmマラソンぐらいなら大会も出てみようかなぁ、なんて思えるようになってきました」

 

ただし、それ以上にランするモチベーションになっていることもあるそうです。

 

「南国のリゾートに出かけるのが好きなんですよ。その際にプールで水着が着れるように(笑)。」

 

ならば今度は旅先でリゾートランなんてどうです?

 

「うーん、いまは考えられないですけれど、ランを始めた時も思いがけずでしたし、そうなるかも!? そもそもシューズって、ダークカラー派だったのが、今回は明るい色味ですし、このカラーでちょっとテンション上がってます。しかも思っている以上に軽くって足を運びやすい。先輩に言われなくても走り出すかも、です」

 

 

 

といった感じで、アシックス社内でもにわかにブーム到来なGEL-KAYANO。これまでの良さを踏襲しつつ、25年目にしてひと皮むけたニューシューズ、貴方も興味あるでしょ?

 

取材協力:アシックス

文:ジャック・タカハシ

写真:六本木泰彦、サン・タカハシ


Sponsored by アシックスジャパン株式会社

2018年6月1日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング