釣り
川や湖で釣る/淡水用・最新リールカタログ
【釣りに夢中!】︎

川や湖で釣る/淡水用・最新リールカタログ


ルアー釣りで使われるリールは、大別すると「スピニングリール」と「ベイトキャスティングリール」の2タイプがあります。それぞれメリット、デメリットがあるので、使い分けることでより深く釣りを楽しめます。


今回は、ブラックバスやトラウトといった淡水フィールドを舞台に、そのふたつのリールの違いと楽しみ方を紹介します。



スピニングリール(左)とベイトリール(右)
 出典  Funmee!!編集部
スピニングリール(左)とベイトリール(右)


スピニングリールは竿の先端から見て横方向に糸を巻き取るのに対し、ベイトキャスティングリール(以下、ベイトリール)は縦方向に巻き取っていくところが大きく異なり、それぞれ得意とすること、不得意とすることがあるので、それを理解して使いましょう。



扱いやすさで選ぶなら「スピニングリール」

スピニングリールを使ったルアー釣り。ロッドの下側にセットします
 出典  Funmee!!編集部
スピニングリールを使ったルアー釣り。ロッドの下側にセットします


スピニングリールは、他のリール(主にベイトキャスティングリール)と比べて糸が放出されるときの抵抗が少ないため、軽いルアーも投げやすいことが最大の特徴で、初めてでもトラブルなく使えるため、ルアー釣りに限らずさまざまな釣りで使われています。


スピニングリールは数字でそのサイズを表し、数が大きくなるほどサイズも大きくなります。ブラックバス釣りでは2000~3000番クラス、管理釣り場のトラウト(マス)では1000~2000番が用いられることが多いので、これを購入する際の目安にするといいでしょう。



糸ヨレと無縁で、力強く巻けるベイトリール

ベイトリールを使った釣り。ベイトキャスティングロッドという専用の竿に装着します
 提供  Daiwa
ベイトリールを使った釣り。ベイトキャスティングロッドという専用の竿に装着します


竿の先端から見て縦方向に糸を巻き取っていくベイトリールは、ルアーが飛ぶ方向に対してまっすぐ糸の巻き取り、放出をできることが特徴です。

 

縦に巻くスピニングリールはラインローラーでスプールに巻きつけていく構造のため、糸ヨレを避けられず、この糸ヨレがトラブルになることも少なくありません(現在、多くのリールに少しでも糸ヨレを抑えるための機構が備えられていますが、完全に解消されるところにはまだ至っていません)。その点でベイトリールは優れています。


また、ベイトリールはハンドルの回転を直接、スプールに伝えられる構造なので、スピニングリールよりも力強く糸を巻き取ります。魚に主導権を握らせず、太い糸と強い竿で一気に抑え込みたい、そんな釣りにベイトリールは欠かせません。手返しのよさもベイトリールのメリット。糸を親指で抑えてクラッチを切り、竿を振りかぶって投げる。これだけでOKなので、ルアーを回収して次に投げるまでの動作が非常にスムースです。



ベイトリールの悩みのタネ、バックラッシュ


ベイトリールはスピニングリールと違って投げるまでの動作が少なく手返しがいいのがメリットとしましたが、じつはこれがデメリットにもなります。


キャスティングの際、スプールの回転とルアーが飛んでいこうとするスピードが噛み合わないと、糸がリールの中で絡まり合ってしまう「バックラッシュ」というトラブルが起きてしまうのです。深刻な場合、巻いている糸のすべてをダメにしてしまうこともあるほどです。


予防のために「遠心ブレーキ」や「マグネットブレーキ」といった機構が備えられていますが、ゼロにすることはできません。プロでさえ、バックラッシュすることもある避けられないトラブルなのです。ベイトリールでルアーを投げられるようになるには、ある程度の慣れが必要になります。



リールのパーツと役割


リールはさまざまなパーツから構成されています。もちろんそれぞれに需要な役割があり、ひとつでも欠けると糸を巻き取る、もしくはルアーをキャストすることができなくなります。まずはパーツそれぞれの名称と、その役割を理解しましょう。



スピニングリールのパーツ

スピニングリールのパーツ名称
 写真提供  SHIMANO
スピニングリールのパーツ名称


■スプール

糸が収納される部分。スピニングリールの大きさは「2000」や「3000」など数字で表されることが多く、その違いがこのスプールに巻ける糸の量と考えてください。数字が大きくなるほど、巻き取れる糸の量は多くなります。

 

■ハンドル

これを手で回すことで糸を巻き取ります。左右どちらでも付け替えることができます。利き手で竿を操り、逆の手でリールを使うのが理想とされています。

 

■ベール

糸をスプールに巻きとるためのパーツ。これを起こすと糸がフリーになって放出されます。倒して(もとに戻して)ハンドルを回すと、糸をスプールに巻きとります。

 

■ドラグノブ

魚が強く引いたときに、糸が切れるのを防ぐためのパーツです。これを緩めていくとベールを倒していてもスプールが逆回転し、糸が出ます。リールに向かって右に回すと締まり、左に回すと緩みます。

 

■ローター

ハンドルの回転と一緒に回るパーツで、これが糸を巻き取る要といってもいいでしょう。このローターにベールが付随しています。

 

■ラインローラー

糸がやや弛んだ状態で巻くと、どうしても糸がヨレてしまいます(糸がねじれてクセがついてしまう状態のこと。糸ヨレは糸の強度を下げたり、トラブルの原因となります)。この糸ヨレを軽減してくれるパーツです。

 

■ストッパー

ローターの回転を制御するスイッチで、通常はオン(固定)で使用します。オフにするとローターが逆回転します。



ベイトリールのパーツ

ベイトリールのパーツ名称
 写真提供  SHIMANO
ベイトリールのパーツ名称


■クラッチ

糸を出すときに押す部分。一般的にはクラッチを「切る」と言います。

 

■スプール

糸を巻き取る部分。スピニングリールと違って、ベイトリールはハンドルを巻くとスプール自体が回転し、糸を巻き取っていきます。糸は対象魚や釣り方に応じてフロロ、ナイロン、そしてPEを使い分けます。ブラックバス釣りではフロロやナイロン、ときにPEも使われ、ライギョ釣りおよびジギングではPEが主流です。

 

■レベルワインダー

ハンドルを回すと左右に動くため、糸をスプールに均等に巻き取ってくれます。

 

■ハンドル

回転させることで糸を巻き取ります。スピニングリールと違って左右の付け替えはできません。バス釣りではダブルハンドル(ノブがふたつ付いている)が主流。ジギングなどでは相手にする魚が大きく、より力強い巻き取りが要求されるため、大きなノブがひとつ付いたシングルハンドルが多くなっています。

 

■ドラグノブ

スピニングリールに装備されているものと同じ役割を担うパーツ。星型をしていることから、スタードラグと呼ばれることもあります。スピニングリールに比べて使用する糸が太いため、使われることはそれほど多くありません。

 

■メカニカルブレーキ

スプールの回転を抑制するためのブレーキ。緩めるとスプールは回転しやすくなり、締めると回転を制御します。



初心者にオススメのリールカタログ

DAIWA・フリームス

フリームスLT2500D。タフさと軽さを兼備した汎用性の高いモデル
 提供 Daiwa
フリームスLT2500D。タフさと軽さを兼備した汎用性の高いモデル


小型スピニングリールの新たなスタンダードを作るべくゼロからリビルドされた新モデル。タフさと軽さを両立しているうえ、ソルトでの使用にも対応した使い勝手の良いリールです。



SHIMANO・アルテグラ

アルテグラC3000。コストパフォーマンスに優れたハイスペック設計
 提供  SHIMANO
アルテグラC3000。コストパフォーマンスに優れたハイスペック設計


ボディとフタの合わせ面やスプールとドラグノブの接触部をはじめ、随所に強力なシーリングを施しているので、過酷な環境下でも高い信頼性と耐久性を誇ります。高性能ながら15,000円台〜という価格帯も魅力的。



DAIWA・タトゥーラCT TYPE-R

タトゥーラCT TYPE-R 100XS。タフな使用にも耐えるアメリカ生まれのベイトリール
 提供  Daiwa
タトゥーラCT TYPE-R 100XS。タフな使用にも耐えるアメリカ生まれのベイトリール


バスフィッシングの本場アメリカで生まれたタフコンセプトモデル「タトゥーラ」をより小型・軽量化して、操作性を向上させたバージョン。



SHIMANO・バスライズ

バスライズ。基本性能をしっかり備えたエントリーモデル
 提供  SHIMANO
バスライズ。基本性能をしっかり備えたエントリーモデル


はじめてのベイトリールとして人気の一台がリニューアル。浅溝化したスプールによってキャスト性能が向上しました。ブレーキにはイージーマグを備え、簡単に操作できます。




===

文:魚住海人(Kaito Uozumi)

写真:stock.adobe.com

メイン写真提供:Daiwa

 

 

■注記

ブラックバスのキャッチアンドリリースについて、条例・漁業調整規則等で禁止をしている自治体が多数あります。ブラックバス釣りするエリアの規則に従って楽しみましょう。

 

 

釣り
釣り
2018年7月12日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング