キャンプ
焚き火台で、アウトドアが100倍楽しくなる!
キャンプの基本

焚き火台で、アウトドアが100倍楽しくなる!


星空の下、気の置けない仲間と焚き火を囲みパチパチと火がはぜる音を聞きながら語り合う時間。これこそ、キャンプの醍醐味です。


ただし、多くのキャンプ場では直火の焚き火はNGとなっています。そこでマストになるキャンプギアが「焚き火台」。定番モデルのほか、コンパクトタイプ、デザイナブルな焚き火台などさまざまあるなかから、特におすすめの10台を紹介します。



「キャンプの基本」の連載一覧はこちら



最初の1台に選んで間違いない「定番モデル」

ユニフレーム「ファイアグリル」


数ある焚き火台のなかでも多くの人に選ばれ続ける定番。焚き火をゆっくり楽しみたい、バーベキューやダッチオーブンなど料理にも挑戦したいなど、あらゆる希望を叶えてくれるスタンダードなモデルです。


底面に風の通り道を作る「ロストル」と呼ばれる火格子が付属。焼き網も標準装備されているので、これひとつで焚き火からBBQまで快適に楽しめます。スタンドをセットし火床を載せるだけという組み立ての簡単さの他、セット内容やリーズナブルな価格設定など、バランスのとれた一台です。




ユニフレーム「ファイアグリル」
 提供 ユニフレーム
ユニフレーム「ファイアグリル」
焼き網はナナメにセット。火力が物足りなくなってきたら網を動かすことなく四隅から炭を足せます
 提供 ユニフレーム
焼き網はナナメにセット。火力が物足りなくなってきたら網を動かすことなく四隅から炭を足せます


ユニフレーム「ファイヤグリル

サイズ:使用時/430×430×H330mm、収納時/380×380×70mm

重量:2.7kg



ロゴス「LOGOS the ピラミッドTAKIBI M」

ロゴス「LOGOS the ピラミッドTAKIBI M」
 提供  ロゴス
ロゴス「LOGOS the ピラミッドTAKIBI M」


マルチに使え、サイズ展開も豊富な「ピラミッドグリル」の進化版シリーズ。持ち運びやすいMサイズは2~4人用のキャンプにちょうどよく、本格的な焚き火を楽しめます。ダッチオーブンを置けるゴトクや、串焼きプレートも標準で備え、料理のアレンジを自由に楽しめます。


別売りの仕切り板やラックなどオプションパーツを組み合わせることで、焚き火と調理を同時にすることも。スタンドの接地面が広く安定しているので、初心者には安心して使えます。



灰の落下を防いでくれる灰受け皿が付いているので、使い終わった後の片付けも簡単スピーディ
 提供  ロゴス
灰の落下を防いでくれる灰受け皿が付いているので、使い終わった後の片付けも簡単スピーディ


ロゴス「LOGOS the ピラミッドTAKIBI M

サイズ:使用時/約360×350×220mm、収納時/約350×195×70mm

重量:約2.2kg



スノーピーク「焚火台M」

スノーピーク「焚火台M」
 提供  スノーピーク
スノーピーク「焚火台M」


シンプルで美しい逆四角錐のフォルムに加え、長時間にわたる高温の焚き火でも変形しない厚さ1.5mmのステンレスプレートなど、その丈夫さは質実剛健そのもの。パッと開いて閉じるだけという収納設置の手軽さも選ばれるポイントで、生涯使える名品です。


多少高価で重たくても、長く使える丈夫さや見た目にもこだわりたいオートキャンパーに特におすすめ。必要な道具を一度に揃えられるスターターセットも注目です。



ステンレス製の焚き火台は炎の熱による変化が特徴。使い込むことで生まれ、深まる味わいを楽しめます
 提供  スノーピーク
ステンレス製の焚き火台は炎の熱による変化が特徴。使い込むことで生まれ、深まる味わいを楽しめます


スノーピーク「焚火台M

サイズ:使用時/350×350×H248mm、収納時/450×515mm

重量:3.5kg




コールマン「ステンレスファイヤープレイスIII」

コールマン「ステンレスファイヤープレイスIII」
 提供  コールマン
コールマン「ステンレスファイヤープレイスIII」


豪快な焚き火が楽しめるステンレス製のパイプを組み上げる井桁型の焚き火台は、薪を入れる火床に深さがあり、360°どこからでも空気を取り込めるため燃焼効率が非常に優れます。薪を放り込むだけで誰でも簡単に焚き火を楽しめ、受け皿が取り外せるので、お手入れも簡単。重厚感のあるフォルムでキャンプの雰囲気を高めてくれます。



持ち手を内側に倒すとゴトクとなり、12インチの大きなダッチオーブンも使える頼もしさ
 提供  コールマン
持ち手を内側に倒すとゴトクとなり、12インチの大きなダッチオーブンも使える頼もしさ


コールマン「ステンレスファイヤープレイスⅢ

サイズ:使用時/約415×465×H345mm、収納時/約415×305×155mm

重量:約5.7kg



ソロキャンプでも焚き火したい! 「コンパクト焚き火台」

笑’s「B-6君」

コールマン「ステンレスファイヤープレイスIII」
 提供  笑’s
コールマン「ステンレスファイヤープレイスIII」


キャンプやアウトドアがテーマの大人気アニメ「ゆるキャン」でも登場するコンパクトな焚き火台。超うす型のステンレスプレートを使用することで、わずか500gに抑えられ、B6サイズに折りたためるコンパクトさは、ツーリングやハイキングなどソロキャンパーにうってつけのモデルといえます。別売りのグリルを合わせるとひとりバーべキューだってできる本格派。


大人数で焚き火を囲む時間も楽しいものですが、ひとりゆっくりと自由な時間を過ごしたいときにぴったりの焚き火台です。



折りたたんだ厚さはわずか18mmと驚きのうす型収納を実現。バックパックにも収まります
 提供  笑’s
折りたたんだ厚さはわずか18mmと驚きのうす型収納を実現。バックパックにも収まります


笑’s「B-6君

サイズ:使用時/約165×122×H215mm、収納時/約181×122×H18mm

重量:約0.5kg



モノラル「ワイヤフレーム」

モノラル「ワイヤフレーム」
 提供  モノラル
モノラル「ワイヤフレーム」


火床に特殊耐熱性のクロスを使用しています。クロスに内蔵されたワイヤーをフレームに固定する吊り下げ式は、パーツが少なくても立体的な火床を作ることができる優れもの。フレームにはほぼ蓄熱せず、クロスを外すことで溜まった灰も簡単に処理できます


クロスはおよそ50時間を目安に交換が必要な消耗品なので注意が必要でが、耐久性に優れ、通気性が高いステンレスメッシュも別売りされています。織火を作るのに合うクロスと、積極的に炎を楽しめるステンレスメッシュを使い分けることで、快適に楽しめます。



たためばパッキングしやすい縦型にまとまるので、移動が中心となるツーリングやロングトレイルにぴったり
 提供  モノラル
たためばパッキングしやすい縦型にまとまるので、移動が中心となるツーリングやロングトレイルにぴったり


モノラル「ワイヤフレーム

サイズ:使用時/360×360×H280mm、収納時/直径90×370mm

重量:0.98kg



焚き火はエンタメ! 「デザイナブル焚き火台」

SOTO「エアスタ ベース&ウイングMセット」

SOTO「エアスタ ベース&ウイングMセット」
 提供  新富士バーナー
SOTO「エアスタ ベース&ウイングMセット」


まるで聖火台のような近未来的なデザインが話題です。一般的な焚き火台のフレームに、ファイヤースターターの役割をするベース部分と、火床となるウイングを組み合わせた構造です。


ベース部分で種火を作ることにより着火にかかる時間を大幅に短縮します。またウイングをひと回り大きなLサイズへ替えることで、火床サイズを大きくすることもできます。


着火が苦手な初心者にはもちろん、大小さまざまな焚き火を楽しみたいベテランキャンパーにも使い勝手のいい焚き火台といえます。



ベースに小枝などの燃えやすいもので種火を作ったあとは、その上に薪を並べるだけ。効率よく火起こしができます
 提供  新富士バーナー
ベースに小枝などの燃えやすいもので種火を作ったあとは、その上に薪を並べるだけ。効率よく火起こしができます


SOTO「エアスタ ベース&ウイングMセット

サイズ:使用時/250×250×H215mm、収納時/100×340×215mm(エアスタベース)、335×165mm (エアスタウイング)

重量:約1.65kg



ペトロマックス「ファイヤーボウルfs56」

ペトロマックス「ファイヤーボウルfs56」
 提供  スター商事
ペトロマックス「ファイヤーボウルfs56」


スチール製の鉄板と3本のスタンドポールのみというファイヤーボウルの元祖。両サイドに持ち手が付いたディスク状の鉄板の上が火床になります。また、直火OKのテントサイトなら焚き火の上にセットして、調理用の鉄板としても使えます。


3本の脚は取り外しが可能なので、組み立てや持ち運びも単純明快。トライポットを組み合わせればダッチオーブン料理もでき、見た目もワイルドかつ豪快なキャンプになること間違いなしのアイテム。大勢でのにぎやかなキャンプなどにおすすめです。



ディスク状の鉄板に3本のポールが付属、別売りの専用ケースもあると持ち運びやすい
 提供  スター商事
ディスク状の鉄板に3本のポールが付属、別売りの専用ケースもあると持ち運びやすい


ペトロマックス「ファイヤーボウルfs56

 サイズ:使用時/直径680×H260mm、収納時/直径680×H40mm

重量:約6 kg



プリムス「カモト オープンファイアピットS」

プリムス「カモト オープンファイアピットS」
 提供  イワタニ・プリムス
プリムス「カモト オープンファイアピットS」


パーツがすべて一体になったスタイリッシュなデザイン。ブラックスチールのボディがテントサイトの雰囲気をオトコらしく高めてくれます。


X字のスタンドは抜群の安定感で、灰受け皿が本体と一体化され、誰でも気軽に使える設計はこれから人気がでそうです。高品質なステンレスが使われているので、サビなどの腐食に強く手入れも簡単。


付属のグリルを使えば調理も楽しめるし、フラットでコンパクトに収納できるので、車の荷台のちょっとした隙間に突っ込んで行けます。



三角形の穴から効率よく空気を取り込みが可能。サイドの風防板が灰の舞い上がりを防ぎつつ、薪も組みやすいデザインになっています
 提供  イワタニ・プリムス
三角形の穴から効率よく空気を取り込みが可能。サイドの風防板が灰の舞い上がりを防ぎつつ、薪も組みやすいデザインになっています


プリムス「カモト オープンファイアピットS

 サイズ:使用時/約380×450×H330mm、収納時/約380×520×H60mm

重量:約6.1kg



フィビーストーブ「アウトドアクッカー」

フィビーストーブ「アウトドアクッカー」
 提供  ファロスインターナショナル
フィビーストーブ「アウトドアクッカー」


煙突状のコンパクトなネイチャーストーブ「アウトドアクッカー」は、調理から暖をとることまで多彩に使える焚き火台です。この煙突状の形は燃焼効率がよく、少々湿った枝や木も使えるほどです。


さらに、サイドウォールに刻まれた動物などをかたどった穴からこぼれる炎の光が、焚き火の時間をぐっと親密なものにしてくれます。パーツをすべてバラせばコンパクトに収納できるので、旅の道具としておすすめです。



スタンドやゴトク、サイドウォール、ファイヤーグリッドとフロアープレートといったシンプルな構成。これらをパズルのように組み立てて使います
 提供  ファロスインターナショナル
スタンドやゴトク、サイドウォール、ファイヤーグリッドとフロアープレートといったシンプルな構成。これらをパズルのように組み立てて使います


フィビーストーブ「アウトドアクッカー

サイズ:使用時/直径150×H370mm、収納時/310×190×35mm

重量:2kg


===

文:鈴木 愛(Ai Suzuki)、松元麻希(Maki Matsumoto)

協力:茨木一綺・実加(ciel bleu)




キャンプ
キャンプ
2018年4月12日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング