ロードバイク
キャノンデール/ロードバイク界をけん引するアメリカの雄
【ロードバイクが気になる!】︎

キャノンデール/ロードバイク界をけん引するアメリカの雄


ロードバイクは初心者向けから上級者向けまで数多くのモデルが存在しています。予算を基準にしても候補は多く、迷ってしまうことは必然です。


そこで、ロードバイク選びの最後の決め手としたいのが、ブランドです。好きなブランドは眺めても乗ってもどちらも気分がいですし、気持ちがワクワクしてきます。


ここではサイクリストに人気の高い「背景を知ると、より愛着がわいてきそうな」ブランドを紹介します。


今回は、アルミフレームのオーソリティであり、革新的な技術と常識にとらわれない開発で世界をリードするアメリカのブランド、CANNONDALE(キャノンデール)です。



名前の由来は鉄道の駅⁉ 「キャノンデール」


キャノンデールは1971年にアメリカのコチカネット州で生まれた会社です。


社名は鉄道の駅の名に由来していて、創業者であるジョー・モンゴメリーの部下だったピーター・マイヤーズが、まだ社名が決まっていなかったオフィス(ピクルス工場の屋根裏!)で電話回線を開設したときに、目の前に建てられていた「CANNONDALE」駅を社名に充てたから、といわれています。



社名はピクルス工場の向いにあった鉄道の駅「キャノンデール」にちなんでいます
 提供 キャノンデール
社名はピクルス工場の向いにあった鉄道の駅「キャノンデール」にちなんでいます

アルミフレームのエキスパートとして一躍有名に


創業当初、自転車の後ろに子どもを乗せるバイシクルトレーラー「バガー」で大人気を博したあと、1983年にツーリング用バイク「ST500」をリリース。翌年にはロードバイクとMTB(マウンテンバイク)を発売し、躍進していきます。


この躍進の原動力はフレームに当時の主流だったスチールではなく、アルミを使って量産したことでした。軽く剛性の高いフレームは市場に歓迎されてキャノンデールの名が一気に広がります。



世界初の量産型アルミフレーム自転車、ST500。軽さと高い剛性からアルミフレーム時代を切り拓きます
 提供  キャノンデール
世界初の量産型アルミフレーム自転車、ST500。軽さと高い剛性からアルミフレーム時代を切り拓きます


キャノンデールは古くから「アルミフレームならキャノンデール」、「アルミフレームのエキスパート」という高い評価を受けていますが、その理由は、30年以上前に切り開いたアルミフレームの開発を現在も継続して、「カーボンキラー」と呼ばれるほどに進化し続けていることが挙げられます。


同社の由緒あるアルミフレームの血統を受け継ぐモデルが、CAADシリーズ。2018年のラインナップにはCAAD12(キャド12)、CAAD OPTIMO(キャド オプティモ)シリーズがあります。




伝説となっているCAAD12を継承した最新のCAAD OPTIMO。ハイパフォーマンスかつ手頃な価格で1台目のバイクとしておすすめ。 キャードオプティモ 125,000円(税抜)
 提供  キャノンデール
伝説となっているCAAD12を継承した最新のCAAD OPTIMO。ハイパフォーマンスかつ手頃な価格で1台目のバイクとしておすすめ。 キャードオプティモ 125,000円(税抜)

カーボンフレームも人気シリーズへ「SYNAPSE」


2000年代に入りフレーム素材にカーボンが使われるようになると、2003年にダイヤモンド型フレームの前三角にカーボン、後ろ三角にアルミを採用した「SIX13」(シックス 13)を発表。2つの素材を合わせてつくったことからハイブリッドフレームと呼ばれました。



シックス サーティーンは非常に軽量なフレームだったため、完成車はロードレースの規定(6.8kg以下)より軽くなってしまうことから重りをつけて走ったという逸話も
 提供  キャノンデール
シックス サーティーンは非常に軽量なフレームだったため、完成車はロードレースの規定(6.8kg以下)より軽くなってしまうことから重りをつけて走ったという逸話も


2006年には同社初となるフルカーボンバイクの「SYNAPSE」(シナプス)を開発してカーボンフレームモデルの生産体制も確立します。なおシナプスは改良を続けながら現在もラインナップが続いています。



ロードレース界での栄光から生まれたモデル「SUPER SIX」


キャノンデールは1997年にアメリカンメーカーとして初めて、ヨーロッパのプロロードチームへ機材サポートをスタート。イタリアのSaeco(コーヒーマシンのメーカー)傘下の「サエコ プロロード サイクリングチーム」では、マリオ・チッポリーニらが活躍して勝利を量産します。



 提供  キャノンデール


その後も世界のプロチームのサポートを続けて、世界3大ツールのうち2つのタイトルを獲得するという快挙を果たしました。


このとき使っていたモデルは「SUPERSIX」(スーパーシックス)と呼ばれるレース用ハインドモデルで、2012年には「SUPERSIX EVO」へと進化。フレーム重量695g&世界一の重量剛性比を誇るモデルとしてデビューします。


以降、シナプス同様に改良を続けられながら、いま、私たちが手に入れられるモデルとなっています。



キャノンデールを代表するシリーズ 最新モデルをチェック

キャノンデール キャド12 105ディスク

 提供  キャノンデール


車名のキャド(CAAD)とはキャノンデール・アドバンスド・アルミニウム・デザインの略。長年の伝統とノウハウをもとに熟成されてきたピュアレーシングマシンで、2018年モデルにはディスクブレーキ装着車も登場しています。写真は現行モデル。


キャノンデール キャド12 105ディスク



メーカー希望小売価格:230,000円(税抜)

フレーム:スマートフォームC1プレミアムアロイ ディスクフレーム

フォーク:バリスティック カーボン ディスク フォーク

メインコンポーネント:シマノ 105

変速段数:22スピード

リム:RD2.0

重量:―kg



キャノンデール シナプス HI-MODディスク デュラエース

 提供  キャノンデール


キャノンデールのエンデュランス系モデルがシナプスシリーズ。レースレベルの高い剛性とライダーに走行中の不快な振動を伝えない乗り心地のよさをバランス良く両立していて、レースからロングライドまで幅広く活躍します。写真は現行モデル。



キャノンデール シナプス HI-MODディスク デュラエース



メーカー希望小売価格:650,000円(税抜)

フレーム:オールニュー シナプス ディスク バリスティック HI-MODカーボン

フォーク:ニュー シナプス ディスク アシンメトリック セーブ プラス バリスティック Hi-MODカーボン

メインコンポーネント:シマノ デュラエース

変速段数:22スピード

ホイール:キャノンデール ホログラム カーボン クリンチャー ディスク

重量:―kg



キャノンデール スーパーシックス エボ HI-MODディスク デュラエース

 提供  キャノンデール


あらゆるシチュエーションのレースにおいて力を発揮するために、軽さ、剛性、エアロダイナミクス、ライドフィールを最適化。誰にでも乗りやすく速く走れることをカタチにしたモデルです。写真は現行モデル。



キャノンデール スーパーシックス エボ HI-MODディスク デュラエース



メーカー希望小売価格:720,000円(税抜)

フレーム:スーパーシックス エボ バリスティック Hi-Modカーボン

フォーク:スーパーシックス エボ ディスク スピード セーブ バリスティック Hi-MODフルカーボン

メインコンポーネント:シマノ デュラエース

変速段数:22スピード

ホイール:キャノンデール ホログラム Siディスク カーボン クリンチャー

重量:―kg



キャノンデール スレート105

 提供  キャノンデール


キャノンデールのオリジナリティがたっぷり詰まった現行モデルが、スレート105。1999年に発表された片持ちサスペンション、レフティフォークに650Bホイール&ワイドタイヤを装着したモデルは、ロードもオフロードもどちらも楽しい仕様になっています。肩ヒジ張らずに乗りたい人にちょうどいい一台です。


キャノンデール スレート105



メーカー希望小売価格:390,000円(税抜)

フレーム:スレート スマートフォーム C1プレミアム アロイ

フォーク:キャノンデール レフティ オリバー カーボン

メインコンポーネント:シマノ 105

変速段数:22スピード

リム:マヴィック 419ディスク 650b

重量:―kg



1997年、キャノンデールがアメリカンブランドとして初のヨーロッパのプロロードサイクリングチームのスポンサーとなり、優勝したレースがジロ・デ・イタリア。

世界最高峰のレースのひとつ、ジロ・デ・イタリアの内側を著者の体験を通して語る本書は、グランツールの臨場感がたまらない一冊。ロードバイク好きはもちろん、そうでない人にもおすすめです。


===

文:田中 弾(Dan Tanaka)

メイン写真提供:キャノンデール

ロードバイク
ロードバイク
2018年6月12日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング