ゴルフ
#02 TOKYO COWBOY主宰・上野望さんの場合
11月の特集/お洒落ゴルファーを探せ!

#02 TOKYO COWBOY主宰・上野望さんの場合


ゴルフはユニフォームのないスポーツゆえ、腕前と同様にそのファッションや道具にもヌカリなく。それを実践するお洒落ゴルファーのウエアや道具を調査しました。

 


11月の特集/お洒落ゴルファーを探せ!」の連載一覧はこちら



第2回は、東京・用賀にフルオーダーカットで和牛を販売する新しいコンセプトの精肉店「TOKYO COWBOY」をオープンした鎌倉生まれ、鎌倉育ちで“サーフ&ターフ”を地で行く上野さん。ゴルフ歴30年、ベストスコア73のツワモノです!




―― 今日のコーディネートのポイントは?

 

「足下とリンクさせた赤、ですね。靴はミズノのWAVE CADENCE、ニットはエフィカスのも。エフィカスは知る人ぞ知るブランドで、かぶることがないのがイイんです。それどこの? と聞かれることも多々。パンツはJ.リンドバーグのゴルフライン。基本、ザ・ゴルフブランド、というものは選ばない。周りが着始めてブレイクすると買わなくなっちゃう(笑)。コーディネートで心掛けているのは、グリーンに映える色を1点は投入すること。特に秋冬はコースが寂しい感じになるので、色があったほうが断然いいと思います」



三浦技研のアイアンはコイツで2代目

 出典  Funmee!!編集部


ドライバーはタイトリストの917D3。アイアンは自分のフィッティングデータに基づき、セッティングしてもらったオーダーメイド品。芯を食ったときの打感が最高。クラブも服同様、人と同じは嫌です(笑)



身だしなみも男のマナー

 出典  Funmee!!編集部


量販されている虫除けや消臭スプレーの科学的なにおいが嫌いで。アロマ系の香りのほうがリラックス出来るし、同伴者ウケもいいです。



スタート前の準備運動に

 出典  Funmee!!編集部


体幹が鍛えられ、さらにシャフトのしなりを理解できるというelite gripの練習器具は買ったばかり。ストレッチ用チューブとともに、キャディバッグに常備。

 


人とかぶらないカラーパンツ

 出典  Funmee!!編集部


ベージュや白など定番色では面白味に欠けるので、パンツはあえて色物を。オレンジはエフィカス、イエローはロサーセンのもの。




―― ゴルフファッションで意識していることは?

 

「ゴルフ歴は長いですが、昔からどうにも“ゴルフだから”と枠にハマったファッションに抵抗があって。実際、そういうプレーヤーが多いのも、またゴルフですけどね(苦笑)。でもせめて自分だけは…という気持ちで、人とかぶらないコーディネートを心掛けています。それに自分のライススタイルに欠かせない海をどこかに感じさせること。サーフのにおいをつけると、途端にしっくり落ち着きます。とはいえ、ゴルフはスポーツ。ストレッチや防水など機能性は譲れません。特にこれからの肌寒くなる季節は、体が動かなくなるので保温機能も絶対。最近は山系ブランドのインナーやウエアも積極的に取り入れます」



シューズケースとバッグはお揃いで

 出典  Funmee!!編集部


パタゴニアのリュックやノースフェースのボストンでふらりと行くこともあるけれど、名門と呼ばれるコースにはGANZOのバッグできちんと感を。



帽子のラインナップは100個以上!

 出典  Funmee!!編集部


ライフスタイルに欠かせない帽子は、コーディネートに応じて自由にチョイス。全体の雰囲気を最後に決める大事な要素です。



コーディネートに応じて靴をチョイス

 出典  Funmee!!編集部


靴だけはいつも同じ、という人が多いけれど、靴こそコーディネートに差をつけるキーアイテムかと。最近はスパイクレスもよく履きます。



ゴルフ
ゴルフ

上野望さんが紹介していた「タイトリスト 917D3」。

一回り小さいヘッドサイズで飛距離・許容性・直進性が向上。

初速がさらにアップし、ロフト、ライ角調整に加え、重心を調整できるようになりました。

また打音はマイルドになり心地よさがアップ。

打感も柔らかさが増しました。


===

文:一寸木芳枝(Yoshie Chokki)

写真:良綱(Yoshituna)/PEACE MONKEY


ゴルフ
ゴルフ
2017年11月22日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング