【編集長ジャック・酔狂な”モノ”語り】#014 ボウリングのマイボール、持ってます!(前編)


どうも編集長のジャックです!

さあ、そろそろ2018年のモノ語りも復活であります、とちょっと前回から掲載が空いたことはさらっと流して進めます(爆)。


僕もいい歳になってきましたので、さいきん自分の持ち物の断捨離をしようと、いろいろ押入れなどをまさぐっているのですが、コレが出てきました! いやぁ、忘れていたわけではないのだけれど、しばらく使っていませんでした、ボウリングのマイボール。



30代前半、先輩がハマって、僕もどハマりしたのです、ボウリング。かつては新横浜プリンスホテルボウリングセンター(現在は閉鎖、涙)の会員だったこともあります。会社帰りというか、編集者という仕事柄!? 夜遅めがハッスルタイムなので、仕事と仕事の間の息抜きに通っていました。


それで通っているウチに欲くなってしまいましたね、マイボール。ボウリング場に併設されていたプロショップを恐る恐る覗いたのを覚えています。ワゴンセールという言葉がありますが、まさにこのボールがワゴンに入ってセールになっていました。ヒョウみたいなトラみたいな絵柄が彫られていて、でもその目がモノモライみたいになっていて、そのマヌケさにひと目惚れ。8,000円だったかな。


自分の指に合わせて穴を削ってもらい、……って、マイボールの人差し指と中指の穴って、第一間節までしか開けないってご存知でした。その第一関節でキュっとボールを切って投げるんです。


で、こんなにも僕がボウリングにハマった理由は……明日に続きます〜(続くんかい!)。




===

文:ジャック・タカハシ



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP