釣り
攻めるルアー‼︎ 必殺のロッド選び、教えます。
【釣りに夢中!】︎

攻めるルアー‼︎ 必殺のロッド選び、教えます。


ルアー釣りは、疑似餌を動かし魚を騙すため、“攻めの釣り”と言えます。それは「釣れた」でなく、「釣った!」という能動的な達成感が高く、それをきっかけにハマってしまう……そんな釣りです。

 

ただ、いろいろな道具があるためにいざ始めようというときに、どの道具を選べばいいかわからなくなってしまう人も多いです。そこで今回はその楽しみ方とキモとなるロッド選びのポイントを紹介します。



ルアーロッド選びは、釣りたい魚を決めてから

ルアーロッドに何を選ぶかは、何を釣りたいかで変わります
 出典  Funmee!!編集部
ルアーロッドに何を選ぶかは、何を釣りたいかで変わります


ルアーフィッシングは、淡水、海ともにあって、狙う魚も小型から大型までさまざまです。そのため道具も、狙う魚や、その狙い方によって変えていくことになります。「これ一本で何でもOK」というものはないのです。ではどうすれ良いのか? 一番おすすめなのは、狙う魚と、それをどこで狙うかを決めてしまうこと。

 

まず行く場所を決めましょう。それが身近な海の堤防なのか、川なのか、湖なのか、それとも船に乗って沖に出るのかなどなど。そしていまどんな魚が釣れているのかを探ってみましょう。こういった情報は釣りをする場所に近い釣具店に集まってくるもの。釣具店で情報を得るのが手っ取り早いです。



釣具店には道具だけでなくさまざまな情報も集まってきます。近くの釣具店は調べておきましょう(写真は横浜駅すぐ近くの釣具店、横浜サンスイ)
 出典  Funmee!!編集部
釣具店には道具だけでなくさまざまな情報も集まってきます。近くの釣具店は調べておきましょう(写真は横浜駅すぐ近くの釣具店、横浜サンスイ)


もし行く場所が決まらない場合は、釣りたい魚を決めるところから始めます。魚が決まれば、それがどこで釣れるのかを調べます。そして釣りたい魚と行く場所が決まれば、おおよそ使う釣り竿が絞れてきます。

 

最初からいきなり大型の魚を狙うのではなく、身近な場所での小型の魚から狙ったり、管理釣り場へ行くことから始めるとよいでしょう。



エリアフィッシングのトラウト

管理釣り場でプラグ系ルアーを使って釣ったトラウト
 提供  ムカイフィッシング
管理釣り場でプラグ系ルアーを使って釣ったトラウト


「エリアフィッシング」とは管理釣り場での釣りのこと。池や湖、川にニジマス、ヤマメ、イワナ、その他トラウト系の魚が放流されており、それをルアーやフライ(毛バリ)で狙います。遊漁料が必要ですが、魚は確実にいるので釣れる確率が高く、初心者はより楽しめるでしょう。また足場もよいため、子どもと一緒にキャンプやバーベキューしながらチャレンジするのにもおすすめです。

 

ルアーで狙う場合は、トラウト用の釣り竿と小型のスピニングリール(シマノ製なら1500番)が必要。ルアーはスプーン、ミノーと呼ばれるものを使用し、それを投げて巻くことでトラウトを誘います。



管理釣り場ではこういった大物との出会いもあります
 提供  ムカイフィッシング
管理釣り場ではこういった大物との出会いもあります

幅広いルアーに対応するベーシックモデルのルアーロッド。長さ1.88m、対応ルアー重量0.6~3g、対応ライン1.5~3lb

ライトジギングのタチウオ

太刀のような美しいカラダを持ち、食べても美味しいタチウオ
 出典  Funmee!!編集部
太刀のような美しいカラダを持ち、食べても美味しいタチウオ


メタルジグと呼ばれる鉛でできたルアーを使う船釣り「ライトジギング」。メタルジグを海底まで沈め、そこから竿を煽りつつメタルジグを巻き上げて動かし魚を誘います。地域により狙う魚種、狙い方が異なりますが、東京湾、駿河湾、大阪湾、瀬戸内海など、広い地域で楽しまれているのがタチウオでしょう。

 

地域により探る水深が異なるため、使用するメタルジグの重さは異なりますが、釣り竿は汎用性があります。アタリを取りやすいというリールの構造上の特性からベイトキャスティングリールが主となり、ロッドもベイトタイプのものを使用します。



鋭い歯を持つタチウオ。激しくジグへ襲い掛かり、引きが強く面白い
 出典  Funmee!!編集部
鋭い歯を持つタチウオ。激しくジグへ襲い掛かり、引きが強く面白い

タチウオ専用のジギング用の釣り竿。ジグ40~150gに対応し、多くのフィールドで活躍します。訪れるフィールドが、シーズンにより水深150m以上の深場を探っている状況であれば、ワンランク上のB66Mがおすすめです。

アジングのマアジ


「アジング」とは、マアジを釣るルアーフィッシングのことです。漁港内にマアジの回遊がある場所で楽しめます。港湾部のためアクセスしやすく、足場もよく、さらに道具もライトで扱いやすいため人気です。釣り上げた後に食べて美味しいということもファンが多い理由のひとつ。

 

ロッドはアジングロッドを使用。リールは小型スピニング(シマノ製なら(2500番)。ルアーは、ジグヘットと呼ばれるハリ付きのオモリに、ワームを装着する方法がメイン。プラグやメタルジグと呼ばれる鉛製のルアーの小型のものも使用します。



さまざまなルアーに対応し、大型アジ狙いでも活躍しつつ、軽いルアーでもしっかりとアタリを取るロッドです。全長2.24m、対応ルアー重量0.6~10g、対応ライン・ナイロン1.5~3号。

ルアーロッドの基本と用語解説


ルアーロッドを購入しようとするとき、釣具店やWEBカタログでさまざまな専門用語と出会うことでしょう。その意味が分からなくては、ショップ店員との話も進まないし、カタログを見ていても「?」となってしまいます。そこでここでは、ルアーロッドの基本を用語や特徴から整理し、解説します。



ルアーロッドのパーツとその機能


ルアーロッドには取り付けるリールの違いによって、「スピニングロッド」と「ベイトロッド」のふたつがあります。1本のロッドも複数のパーツの組み合わせで出来上がっていて、それぞれの名前や特徴を知れば、ロッドを購入するとき役立つことでしょう。



スピニングロッド

ロッドの下側にスピニングリールを取り付けます。そのためガイドは下向きに付いています
 出典  Funmee!!編集部
ロッドの下側にスピニングリールを取り付けます。そのためガイドは下向きに付いています

ベイトロッド

ロッドの上側にベイトキャスティングリールを取り付けるため、ガイドも上向きに付いています
 出典  Funmee!!編集部
ロッドの上側にベイトキャスティングリールを取り付けるため、ガイドも上向きに付いています


■グリップ

握るところ。グリップ素材はEVAとコルクがある。実際に手に取れるなら、握りやすい太さのものを選びたい。

 

■リールシート

リールを装着する場所。ナットを締めてリールを装着します。

 

■トリガー

ベイトタイプのロッドのリールシートに取り付けられています。ロッドをしっかりと持てるようにするためや、持ち続けても疲れにくくするためのパーツで、ここに指を引っ掛けて持ちます。

 

■バット

釣り竿のグリップの上から、釣り竿の中央(胴)までの部分。この部分の強さが、ロッドが曲がったときの強さに直結します。

 

■ガイド

リールから出した糸を通すところ。ステンレスやチタンなどさまざまな素材のものがあり、高いロッドは良い素材のガイドが装着されています。

 

■ティップ

釣り竿の穂先部分。アタリをより把握できるよう、この部分に特殊な素材を使っているロッドもあります。

 

■トップガイド

先端のガイドのこと。



素材で変わるロッドの特性


グリップやガイドといったパーツを除いたロッドのシャフト部分は、その素材によってロッドの性質が違ってきます。「ブランク」と呼ばれるこのパーツは、主に「カーボン」、「グラス」、「ボロン」の3つの素材によって作られています。

 

カーボンは「軽さと感度」、グラスが「粘りと柔軟性」、ボロンは「強靭」といった特性をもち、ロッド1本を単一素材で構成する場合もありますが、たいてい部分ごとにそれぞれの特徴を生かして組み合わせています。

 

ロッドはルアーアクションやアタリ、フッキングなど、魚を釣るまでさまざまなアクションを行い、感じ取る大切な道具です。素材の性質でロッドの性格が大きく異なり、狙う魚、誘い方に合わせてロッドは作られています。

 


継数でも変わる特性

ロッドは継数によって呼び名があります。継数の多いロッドは、ジョイントが増える分重くなりますが、持ち運びは便利になります
 出典  Funmee!!編集部
ロッドは継数によって呼び名があります。継数の多いロッドは、ジョイントが増える分重くなりますが、持ち運びは便利になります


まったくジョイントがない1本竿を「ワンピース」、2本継を「ツーピース」、3本継を「スリーピース」といった風に、ロッドはジョイントの数(継数)で異なる呼び名がついています。3本継以上のものを「マルチピース」、2本継のそれぞれ長さが異なるロッドは「ワン&ハーフ」と呼びます。

 

ルアーロッドにはコンパクトにして持ち運びやすくするために、グリップ部分を着脱できる「グリップジョイント」や、竿の中空に細い竿を入れ子に仕込んで引き出して使える「振り出し式」などもあります。



ロッドの継数は持ち運びやすさや、調子の出しやすさを考えて決められます。ロッドの調子のよさとは、力の伝達のスムーズさや、魚のアタリ、竿のアクションへのレスポンスの早さ。ロッドを評価するときに使われる表現なので覚えておくといいでしょう。



継数によってロッドにかかる力の伝達具合は変わります
 出典  Funmee!!編集部
継数によってロッドにかかる力の伝達具合は変わります


ロッドは継数が少ないほどきれいなカーブを描き、曲がったときに力がきちんと分散してスムーズに伝わり、ロッドが破損するリスクも少ないです。ワンピースなら最も素直なアクションを出せます。ただしあまり長いと持ち運ぶ際に不便なため、7フィート(約2.1m)を超えるものはジョイントを設けている場合が多いです。

 


釣りのスタイルが変わる調子(テーパー)の違い

ロッドの調子の違いによって、どこでロッドが曲がり、どこで魚の荷重を受けるか違ってきます
 出典  Funmee!!編集部
ロッドの調子の違いによって、どこでロッドが曲がり、どこで魚の荷重を受けるか違ってきます


■ファストテーパー

バットが強くティップが繊細なこのタイプは、ルアーをキビキビ動かすゲームにもってこい。ライトゲームにも最適で、キレのあるシャープなロッドワークを楽しめます。また、先端部の感度が良いためソフトルアーの釣りにも向いています。

 

■ミディアムテーパー

メーカーによっては「レギュラーテーパー」とも呼ぶように、万能でクセのない調子を持ち、7:3くらいの曲がりの釣り竿のことです。ジギング、キャスティング、ソフトルアーなど、オールマイティに使えるのも特徴。1本でいろいろやりたいという場合でも無難にこなせる性能です。

 

■スローテーパー

全体に力を分散するので、荷重をかけていくと胴を支点に弧を描きます。このことから「胴調子」ともいわれます。シャープさに欠けるため、感度を重視する釣りには向かないのですが、荷重が掛かるほど手元に支点が移動し、大物の引きもがっちり受け止める粘りがあるロッドです。



ブランクのパワーを活かせるスパイラルガイド

ベイトロッドのガイドが全て上側に付くノーマルガイドと、ティップへ向かうに従って下側へらせん状に付くスパイラルガイドがあります
 出典  Funmee!!編集部
ベイトロッドのガイドが全て上側に付くノーマルガイドと、ティップへ向かうに従って下側へらせん状に付くスパイラルガイドがあります


スパイラルガイドとは、ベイトロッドの一部に採用しているらせん状のガイド設定のことです。ガイドの取り付け位置が少しずつずれていくため、バット側で上に向いているガイドが、ティップでは完全に下を向くデザイン。こうすることでラインとロッドが干渉しなくなり、ブランクの持ち味を100%発揮できます。




■注記

港湾部で釣りをする場合は、その場所のルールに従って楽しんでください。また停泊中の船の周りでの釣りは控えましょう。

 

 

===

文:大本英則(Hironori Omoto)

メイン写真提供:Daiwa

写真:雑誌「ソルトワールド」

 


釣り
釣り
2018年7月19日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング