コーヒー動画

コーヒー豆の挽き具合をマスター! プロが教える粒の荒さと味の違い

【監修:BONGEN COFFEE(盆源珈琲)】

https://ginza-bongen.jp/


わかるようでわからないコーヒー豆の挽き方。それぞれの挽き方での味の違いと淹れ方の向き不向きをプロに聞きました!

★ プロのポイント★

抽出方法により最適な引き具合を選びましょう!

・粗挽き:ペーパードリップ、フレンチプレス

・中粗挽き:ペーパードリップ、プレス、ネル、サイフォン、コーヒメーカー

・細挽き:エスプレッソ、アイスコーヒー用(ペーパードリップ)、水出し

・極細挽き:エスプレッソ

▼ 挽き具合の特徴

<粗挽き>

1.ざらめ程度の粒の大きさ

2.苦みが少なくスッキリした味わいになる

3.濃度は薄くなるので、量は多めに使う


<中粗挽き>

1.グラニュー糖とザラメの中間くらい

2.最もバランスの良い味になる


<細挽き>

1.グラニュー糖くらいの粒の細やかさ

2.苦みやコクが強調される

3.水出しコーヒーにも向いている


<極細挽き>

1.ほとんどパウダーのような細やかさ

2.苦みが際立ち、エスプレッソにぴったり

2018年11月29日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング