奥深きDIY工具のセカイVol.3 〜マルチツールの基本テクニックを指南!〜


カリフォルニア工務店の空間プロデューサー・山下真生さんに、DIYが楽しくなる工具の魅力を聞くインタビュー企画第三弾。

今回は、マルチツールの基本テクニックを教わりました。

「留める」「あける」は視線がポイント


前回ご紹介したブラック・アンド・デッカー社のマルチツールは、ヘッドを変えるだけでDIYの基本作業が1台でできる驚愕のアイテム。


「この18Vマルチツールプラスは、ネジを『留める』、穴を『あける』、直線や曲線で『切る』、仕上げに『磨く』の基本作業が簡単にできるスグレモノ。ビギナーの方でも使いやすいのが魅力です」


まず教えてくれたのはインパクトドライバーでネジを「留める」コツ。



 出典  Funmee!!編集部


「ポイントは真上から見ること。ネジを真っ直ぐにセットして、最初は手を添えます」

 出典  Funmee!!編集部


「少しネジが入ると固定されるので、手を離しても大丈夫」

 出典  Funmee!!編集部

 出典  Funmee!!編集部


あっという間にネジ留めができました!


ただ、慣れていないと斜めにネジが入って失敗することも……。

 出典  Funmee!!編集部


「そんな時は、焦らずグリップのサイドにある切り替えボタンを押せば、逆回転して簡単に外せます」


「ネジを留める場所は、木の密度が凝縮している節目は固いので避けてください」
留める時の締め付けの強さは10段階設定できるとか。


さらに、このインパクトドライバーは穴を「あける」作業にも使えます。

 出典  Funmee!!編集部


「この作業はやり直しがきかないから、まずは穴をあけたい場所にしっかりマーキングしてください」

 出典  Funmee!!編集部


「場所を決めたらまっすぐ尖端の錐をセットして、視線は真上から。真っ直ぐ下ろして、少し入ったら縦と横から斜めになっていないかチェックします」

 出典  Funmee!!編集部


あとはしっかり力を入れて固定して、貫通させるだけで穴がぽっかり!

 出典  Funmee!!編集部


「錐は木工用と鉄用があって、直径も様々なので用途によって使い分けて下さい。いきなり本番より、要らない木材で何回か練習すると失敗が少なくなりますよ」

ラインを意識して手助けする感覚で「切る」


続いて、「切る」作業。直線を切るのは「丸ノコ」を使います。

 出典  Funmee!!編集部


「まず、切りたい場所にラインを引いて、片手で木材を抑えながら丸ノコの先についている矢印を合わせます。あとはまっすぐ切るだけ」

 出典  Funmee!!編集部


これなら斜めに切って失敗することもありません。
「ポイントは最初に刃の幅と材料の幅を確認すること。刃の幅より厚い木材は切れません。(マルチルーツに付属しているのは15mm)」

さらに「ジグソー」を使えば曲線も切れます。

 出典  Funmee!!編集部


「最初にラインをひくのは同じ。上手く切るコツは力を入れすぎずに、肩の力を抜くこと。ラインを意識して道筋を手助けする感覚」

 出典  Funmee!!編集部


ウェイビーな曲線が一瞬で切れました!

 出典  Funmee!!編集部


「刃を斜めにすると折れるので、気をつけてください」
刃は磨かなくても錆びたらすぐ交換できるのもいいですね!

毛羽立ちが一瞬で滑らかのなるサンディング

最後は、サンダーを使って「磨く」テクニック。

 出典  Funmee!!編集部


サンディングはカットした後の毛羽立ちを滑らかにする作業です。

先ほどカットした断面が……

 出典  Funmee!!編集部


作動させてあてると、

 出典  Funmee!!編集部


ものの3秒でキレイに仕上がりました!

 出典  Funmee!!編集部


「想像している以上に削れるのでまず試すことが大事。角は危ないので必ずサンディングしますが、表面を磨きすぎると厚みが変わったり、古材の味わいがなくなったりするので、やりすぎには注意してください」

サンディングペーパーは粘着テープで張り付いているだけなので、使い続けて黒くなってきたら新しいものとすぐ交換できるとか。

切って留めて磨くだけでできるカンタンDIY実例


最後に、山下さんが実際にマルチツールを使って作ったアイテムをご紹介します。

貫板1枚で作れるブックシェルフ

 出典  Funmee!!編集部

まずは、住宅の外装の下地や内装壁の木板張りに多用される杉の貫板(ぬきいた)1枚で作ったブックシェルフ。

「丸ノコでパーツをカットし、インパクトドライバーで固定。仕上げにサンダーで角を取るだけ。材料はホームセンターで手軽に買えるので、ビギナーにはおすすめです」

製作時間は1時間程度(塗装する場合はプラス30分)

存在感バツグン!簡単パレットプランター

 出典  Funmee!!編集部


続いては、運搬や倉庫の保管に便利なパレットをリユースした簡単パレットプランター。こちらは存在感があり、なかなか難しそうですが……。

「丸ノコを使って板をカットし、外した板を棚板としてインパクトドライバーで固定。倒れ止めの足も外した板を利用して、丸ノコでカットしてインパクトドライバーで固定し、仕上げにサンダーでバリを取ってできあがり」

こちらも切って、留めて、磨くだけ。マルチツールを使って無駄なくシンプルに作れば、なんと1時間で作れるとか!
(塗装をする場合はプラス1時間)

「植物や小物を置いて部屋内の仕切りにしたり、店舗でのディスプレイ什器など、屋内・屋外で使用できます。屋外で使用する場合は、塗装をしてあげた方が長持ちしますよ」


一見、難しそうなマルチツールですが、コツさえ掴めば簡単。

まずは何回か試してみて、感覚を掴んでからチャレンジして下さい!


■プロフィール

カリフォルニア工務店

山下真生さん


サーフィンやバイク、車など、アメリカ西海岸テイストを中心とした様々なカルチャーを取り入れたライフスタイルを提案する空間プロデューサー。住宅デザインの他、店舗設計やリノベーション、イベント空間プロデュース、アパレルブランドとコラボレーションした商品開発も行う。


■ 住所

東京都目黒区中根1-24-1

http://www.cal-co.jp




===

企画・編集協力:枻(エイ)出版社

文:藤谷良介(Ryosuke Fujitani)

写真:片山貴博(Takahiro Katayama)


最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう