コーヒー
コーヒー、次のトレンド「フレンチプレス」を知ってる?
【趣味はコーヒー】︎

コーヒー、次のトレンド「フレンチプレス」を知ってる?


コーヒーに飲み応えを求めるフリークの間で人気のフレンチプレス。コーヒープレスとも呼ばれるこの抽出方法は豆の油分と旨みを充分に堪能することができるのが特徴で、コーヒーの素材本来の美味しさを楽しめます。今回は自宅でも再現可能なフレンチプレスの淹れ方をマスターしてみましょう!


コーヒーオイルが生み出す"通好み"のコク深さ


フレンチプレスで淹れたコーヒーは、ドリップコーヒーと違い、液面にうっすらとコーヒーオイルが浮いています。この油分には豆の旨みがギュッと凝縮されており、ほかの抽出方法にはない、特別な深みを演出してくれるのです。


日々フレンチプレスで渾身の一杯を作るバリスタ・矢澤さん
 出典  Funmee!!編集部
日々フレンチプレスで渾身の一杯を作るバリスタ・矢澤さん


「ザンビアやブルンジ、パプアニューギニアなど、オリジナリティがはっきりしている産地のストレートは、フレンチプレスで淹れています」と語るのは、『銀座カフェーパウリスタ』でバリスタを務める矢澤さん。


サラッとしたのど越しのライトな風味は期待できませんが、、飲み応えあるコク深い一杯に仕上がるので、コーヒー通にオススメなのだとか。


「フレンチプレスの魅力は、ほかの淹れ方に比べて簡単で確実なこと。粉の量と抽出時間を正しく計りさえすれば誰でもハイクラスな出来栄えが望めますよ」


フレンチプレスに欠かせないアイテムはこの3つ

 出典  Funmee!!編集部

1_フレンチプレスコーヒーメーカー


フレンチプレスでコーヒーを淹れるための必需品の筆頭株はもちろん、フレンチプレスコーヒーメーカーです。紅茶を淹れる器具のように見えますが、金属のフィルターで濾すフレンチプレスは元々コーヒー用に生まれた器具なのです。


2_細口ポット


お湯を細く、少しずつ注ぐことができる細口ポットも、粉を暴れさせることなく湯量のコントロールが必要なフレンチプレスでは欠かせないアイテムです。



3_計量スプーン


フレンチプレスのポイントはきちんとした計量にあります。摺りきりで10gとなる計量スプーンを用意しておくと良いでしょう。


バリスタ直伝のフレンチプレスを一挙公開!

 出典  Funmee!!編集部


一杯分の粉として10gを基本として覚えておきましょう。そして粉の量は計量スプーンで正確に計ることが美味しいフレンチプレスの秘訣です。コーヒー豆は淹れる直前に挽き、フレンチプレスもあらかじめ温めておくことのがプロの技。


 出典  Funmee!!編集部


フレンチプレスに計った粉を投入します。上の写真では、おかわりも含めて2杯分サービスしている『カフェーパウリスタ』の基本分量である20gを入れています。


 出典  Funmee!!編集部


フレンチプレスを本体ごと軽く振って、中の粉が水平になるよう整えます。ムラのない抽出をするために忘れてはいけない大切な工程です。


 出典  Funmee!!編集部


沸騰させてから約90℃に温度を下げた湯(粉20gに対して350cc)を細口ポットを使い注いでいきます。抽出自体は、この後の工程にあるプレスすることで行うため、湯を注ぐ段階では、コーヒーの粉が湯のなかで滞留しないよう、ゆっくりと注ぐことがコツです。複数回に分けずに、一度に規定の量を入れることも大切なポイントです。


 出典  Funmee!!編集部


プレス部分を一番上まで引き上げておいたうえで、静かに蓋もセットします。この時に揺れたり、傾いたりしないよう、安定感のある机の上などで作業するのが鉄則です。


 出典  Funmee!!編集部


キッチンタイマーやストップウォッチを使って、正確に4分間計ります。この4分間に、粉と湯が馴染み、少しずつコーヒー成分が溶け出していきます。


 出典  Funmee!!編集部


4分後、プレス部分を水平にゆっくりと下げます。規定の時間以上を経過すると、最良の味を引き出せなくなってしまうので、注意が必要です。


 出典  Funmee!!編集部


プレスを下げ切ります。金属フィルターによって下層へ分けられたコーヒーの粉と、上層に残った液体が、きれいな二層になっているのが確認できます。


 出典  Funmee!!編集部


事前に温めておいたカップにコーヒーを注ぎます。使ったコーヒー粉が入るのを最小限に防ぐため、最後まで注ぎ切らず、フレンチプレスメーカーの底に少し残すと良いでしょう。


コクと旨味溢れる一杯をぜひ自宅で


フランス発祥の歴史ある淹れ方で、専門店でも取り入れられるフレンチプレス。


工程とコツは決して難しいものではありません。フレンチプレスメーカーを手にして、ぜひご自身の手で淹れてみてはどうでしょう。その味わいに、よりコーヒーが好きになるはずです。


記事内の解説でも使った北欧デンマークのキッチンブランドbodum社製の、丈夫で扱いやすい2杯分に適したフレンチプレス。

明治44年創業の日本におけるコーヒー文化の始祖
 出典  Funmee!!編集部
明治44年創業の日本におけるコーヒー文化の始祖

■撮影協力

CAFE PAULISTA(カフェーパウリスタ)

東京都中央区銀座8-9-16 長崎センタービル1F

TEL:03-3572-6160

営業:月~土8:30~21:30、日、祝日12:00~20:00

休み:無休

http://www.morinocoffee.com/

===

文:諸橋 宏(Hiroshi Morohashi)

コーヒー
コーヒー
2018年8月2日
Funmee!!ライター
Funmee!!ライター

RANKING

ランキング