キャンプ
#32 キャンプの必需品。Iwataniの「ジュニアバーナー」
【ザ・使い込んでる部】︎

#32 キャンプの必需品。Iwataniの「ジュニアバーナー」


使い続けるのには理由がある。愛し続けられるのには想いがある。そんな趣味にまつわるこだわりの“私物”を紹介する「ザ・使い込んでる部」。

 

今回はIT企業に勤める平澤新人さんに、iwataniの「ジュニアバーナー」をご紹介いただきます。



「ザ・使い込んでる部」の連載一覧はこちら



クリスマスに妻からもらったプレゼント


この「カセットガス ジュニアバーナー(以下、ジュニアバーナー)」は、音楽フェスやキャンプに出かける際に、必ず持っていくアイテムです。結婚してから3回目のクリスマスに、妻にリクエストして買ってもらいました。


気に入った一番のポイントは、小ささ。ちょっとした台さえあれば、すぐに火を使うことができます。たたむと手のひらサイズになり、持ち運びにも便利。



ハードケース付きで、収納時のサイズは幅82×奥行68×高さ109mmとコンパクト。現行品では「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー」という名に
 出典  Funmee!!編集部
ハードケース付きで、収納時のサイズは幅82×奥行68×高さ109mmとコンパクト。現行品では「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー」という名に


マンション暮らしなので、収納場所をとらないことも大事な要素です。買い物は好きな方で、子どもが生まれてからはさらに家のなかに物が増えていました。趣味のアイテムを増やそうとすると妻から厳しい査定が入っていましたが(笑)、これはすんなりOKでした。



とにかく使い勝手がいい!

3本の足と五徳になる4枚の羽を出し、カセットガスを差し込めば準備完了。奥行15cmほどの台でも安定して使うことができます
 出典  Funmee!!編集部
3本の足と五徳になる4枚の羽を出し、カセットガスを差し込めば準備完了。奥行15cmほどの台でも安定して使うことができます


ジュニアバーナーを使う前は、カセットガスコンロを使っていました。同じ燃料ですが、バーナーの方が早くお湯が沸きます。コンロよりも不安定かもしれないと心配していましたが、想像していたよりも丈夫で、お湯の入った鍋にせいろなどを重ねても問題なく使えます。


燃料が手に入りやすいのも利点。バーナーにはさまざまな燃料がありますが、カセットガスならコンビニエンスストアでも購入できます。忘れた、燃料が切れた、などのトラブルにすぐ対応できることも魅力です。


タンクにガソリン燃料を入れて使うタイプのバーナーは、使用前にタンク内に圧をかける作業が必須ですが、これは缶を取り付けてすぐ火をつけられるのもいいですね。子どもはいつも待ったなしなので、「お腹空いた!」から数分でスープやラーメンなど、とりあえずの食べものを用意できます。



仲良くスープを分ける平澤姉妹。バーナーがあるからすぐに温かな飲み物を用意できます
 出典  Funmee!!編集部
仲良くスープを分ける平澤姉妹。バーナーがあるからすぐに温かな飲み物を用意できます

フェスを通してキャンプの魅力に気づいた


フェスの楽しさを知ったのは学生時代。フジロックに始まり、社会人になってからは朝霧JAMに毎年出かけています。朝霧JAMの魅力のひとつは、テントサイトとステージが近いこと。テントサイトでくつろぎならコーヒーを片手に、風に乗ってくる音楽に浸れる、特別なひとときです。



コーヒーは“ドリップ派”だという平澤さん。アウトドア用のバッグには、バーナーと一緒にコーヒー豆とフィルターも常備
 出典  Funmee!!編集部
コーヒーは“ドリップ派”だという平澤さん。アウトドア用のバッグには、バーナーと一緒にコーヒー豆とフィルターも常備


当初は音楽フェスに行くためにキャンプ道具を揃えていたのですが、アイテムが揃ってくるとキャンプ自体も楽しくなってきました。


子どもたちも、テントのなかでままごとをしたり、川で遊んだり、魚を手づかみしたり、ツリーハウスに登ったりと、アウトドアでいろいろな体験を楽しんでいるようです。



広がるキャンプの楽しさを求めて


もともとにぎやかに楽しむのが好きなので、キャンプに行くときはいくつかのファミリーと出かけています。ゴールデンウィークの恒例となりつつある仲間とのキャンプは、昨年ついに50名以上が集う大所帯に(笑)


それぞれが趣向を凝らした料理を囲むのもキャンプの醍醐味。海釣りからキャンプに行ったときは、キャンプ場で魚をさばき、寿司を作ったこともあります。



平澤さん夫妻と、2歳と9歳の娘さん。遠出できない週末は、デイキャンプを楽しむことも
 出典  Funmee!!編集部
平澤さん夫妻と、2歳と9歳の娘さん。遠出できない週末は、デイキャンプを楽しむことも


娘の保育園時代の友人ファミリーとは、毎年クリスマスキャンプに出かけています。教会のある保育園だったので、卒園したいまもイエス様の誕生劇を子どもたちが披露してくれます。焚火の明かりに照らされながらの劇は、また違った良さがあります。


そして、朝露でしっとりとした空気に満ちたキャンプ場の朝も格別。ひとりで少し早く起きて、コーヒーを淹れるのが密かな楽しみなんです。ここでもジュニアバーナーがいい働きをするんですよ。



幅155×奥行155×高さ127mm/収納サイズ:幅82×奥行68×高さ109mm/商品重量:約274g。小さくても力強くて役に立つ、キャンプの相棒です。


■プロフィール

平澤新人(ひらさわ しんと)さん


千葉県出身、東京都中央区在住。平日はWebマーケターとして、常時オンラインの時間を過ごす。そのためプライベートではリアルな体験を重要視し、週末はキャンプや釣りなど自然のなかでリフレッシュ。仕事帰りの野球観戦にも情熱を注ぐ。



===

文:北織麻美 (Asami Kitaori)

写真:岡崎健志 (Kenji Okazaki)



音楽
マニア
2018年4月2日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング