#44 バンデンプラ プリンセス1300(歴史&スペック編)
自動車
【趣味人ジドウシャ部】︎

#44 バンデンプラ プリンセス1300(歴史&スペック編)


クルマの新旧や機能だけでなく、趣味性の高いクルマ、さまざまな趣味への汎用性が高いクルマを紹介するこの連載。今回紹介するのは、BMCが世に送り出したADO16シリーズのなかでも最も高級な内装を持つ、バンデンプラ プリンセス1300です。




大衆車をベースに作られた小さな高級車


通称「バンプラ」という英国車の名前を耳にしたことがありませんか? 日本にも数多く輸入されてためイギリス車のなかでは比較的知名度が高く、路上で見る機会も多くありました。そんな「バンプラ」の正式名称はVanden Plas(バンデンプラ)といいます。



全幅1.53m、全長3.76mと非常にコンパクトながら4ドアセダンです
 出典  Funmee!!編集部
全幅1.53m、全長3.76mと非常にコンパクトながら4ドアセダンです


’60年代にイギリスの多くの自動車メーカーを合併したBMC(British Motor Corporation)は、開発コードADO15に該当するミニの成功を受け、次なる小型乗用車ADO16を開発します。ADO16はモーリス1100を皮切りに、BMC傘下の各ブランドの名前で発売されました。バンデンプラ プリンセス1100はそんな6ブランドのひとつで、最高級版として1964年に発売されました。今回撮影した車両は、排気量を1,300ccに拡大した1970年式のプリンセス1300です。



クロームメッキで装飾された豪華なグリルがバンデンプラ・プリンセスの大きな特徴です
 出典  Funmee!!編集部
クロームメッキで装飾された豪華なグリルがバンデンプラ・プリンセスの大きな特徴です

ベルギーにルーツを持つバンデンプラ


ベルギーで馬車を作っていたコーチビルダー、Guillaume van den Plasによって19世紀に誕生したCarrosserie Van den Plasは、その後当時自動車製造の最先端だったイギリスに自動車ボディ製造を行う支社を出します。これがイギリスのバンデンプラのスタートです。

 

このクルマのブランド名、Vanden Plasとは、オランダ語の苗字“van den Plas(ファンデンプラス)”が語源で、創業のルーツをベルギーにもつことから、フランス語で発音したバンデンプラと呼ばれます。ちなみにオランダ語の“den Plas”には「池の」や「湖の」と言った意味合いがあります。



ボディ同色の丸みを帯びたハードトップ
 出典  Funmee!!編集部
ボディ同色の丸みを帯びたハードトップ


イギリスに進出したバンデンプラは、当初ロールスロイスやベントレーなどのボディ製作を行なっていました。その後戦後の不況によって1946年にオースチンに吸収され、オースチンの大型セダンのボディを製造します。これがPrincessの名前を冠した初のクルマとなります。



オースチンの大型セダン、オースチン Princessを製造することでバンデンプラの名前は有名になります
 提供  ガレージ日英
オースチンの大型セダン、オースチン Princessを製造することでバンデンプラの名前は有名になります


さらにイギリスの自動車不況は加速し、オースチンやモーリス、MGといった主だったブランドは1952年にBMCという大きな企業となります。そこで画策されたのが、前述のAD016の各ブランドでの展開でした。ちなみに各ブランドの兄弟車は、モーリス1100、オースチン1100、MG1100、バンデンプラ プリンセス1100、ウーズレー1100、ライレー ケストレル1100の6車種。バンデンプラ プリンセスは1964年から1974年まで生産されました。



ADO16シリーズの先陣を切ったのは、1962年にモーリスブランドから発売されたモーリス1100でした
 提供 ガレージ日英
ADO16シリーズの先陣を切ったのは、1962年にモーリスブランドから発売されたモーリス1100でした


その後、バンデンプラの名前はジャガーの上級グレードとして長らく使われたほか、一時はランドローバーの最上級グレードとしてもその名を残しています。のちの買収劇によって現在は中国の南京汽車が商標を所有していますが、事実上ブランドは消滅したといっていいでしょう。

 

「バンデンプラには気品があります。内装も非常に高級なので、しっかりとレストアされた個体なら、現代でも十分乗ることができます。サイズもコンパクトなので、女性にも人気ですね」とガレージ日英代表の白鳥さん。あなたもコンパクトな高級セダンのオーナーになってみませんか?



大田区蒲田からほど近い住宅街にあるガレージ日英にはビンテージ英国車が多数並びます
 出典  Funmee!!編集部
大田区蒲田からほど近い住宅街にあるガレージ日英にはビンテージ英国車が多数並びます

バンデンプラの名が世界に知られるきっかけとなったオースチンのプリンセスII。オランダのミニカーブランド「マトリックス」によってその姿が精巧に仕上げられています。


■取材協力

ガレージ日英

 

ビンテージ英国車を中心に豊富なストックを誇るガレージ日英。特にバンデンプラに関しては豊富なレストア経験と販売量を誇ります。またファクトリーを完備し、整備やレストアにも対応可能です。

 

SHOWROOM

東京都大田区蒲田2-11-19

TEL:03-3739-2606

営業時間:10:00〜19:00

休み:日曜、祭日

 

FACTORY

東京都大田区萩中3-15-5

TEL:03-5705-1828

 

 

===

文&写真:勝村大輔(Daisuke Katsumura)



自動車
自動車
2018年8月28日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング