カメラ
RAW現像ソフトの効果や使い方をマスターしよう
【カッコいい写真・カメラと撮影のキホン】︎

RAW現像ソフトの効果や使い方をマスターしよう


カメラ機材を揃えて撮影が楽しくなってくると、「もっとカッコいい写真を撮りたい!」、「もっとステキに仕上げたい!」という欲がでてくるはず。そんなときは、市販の現像ソフトを使ってみるのも手です。

 

フィルムカメラ時代によく耳にした「現像」という言葉。デジタルカメラが主流になったいまでも、写真をより肉眼で見た印象に近づけたり、さらに効果を狙った仕上がりに近づけたりすることを「現像する」といいます。

 

さあ、現像ソフトの効果や使い方を知って、さらに趣味の世界を掘り下げていきましょう。



そもそも「現像ソフト」とは?


「現像する」とは、市販の現像ソフトにデジタルカメラで撮影した写真データを取り込んで、パソコン画面上で写真の明るさや色味などを自分好みに調整することです。例えば、「明るくなりすぎた空の色を少し戻して、同時に暗く写った建物を少し明るく仕上げる」といったことができます。


つまり、色の調子や明るさを調整することで、記憶に残る色を再現できるのです。色の調子を変えてセピアやモノトーンに調整して雰囲気ある写真に仕上げたり、見せたい部分をトリミングしてより対象を強調したり。ビルを下から煽って撮影し、斜めに映ったビルを正位置に直すこともできます。

 


現像ソフトの画面例。露出やホワイトバランスなどの数値を調整できます
 出典  Funmee!!編集部
現像ソフトの画面例。露出やホワイトバランスなどの数値を調整できます


現像ソフトには、カメラの購入時に付いてくるメーカー純正のフリーソフトがあります。例えば、キヤノンの「Digital Photo Professional」、ニコンの「Capture NX-D」、ペンタックスの「PENTAX RAW Codec」、オリンパスの「OLYMPUS Viewer」などです。このほか、有償ソフトとして市川ラボラトリーの「SILKYPIX」、Adobeがオンラインでサポートする「Adobe Photoshop Lightroom cc」、中判デジタルカメラで有名なPHASE ONEがリリースする「Capture One」などがあります。



現像元になる写真データについて知ろう


写真データとひと言でいっても、写真データでよく見るJPG(ジェイペグ)やグラフィックなどでよく見るPNG(ピング、ピン)、GIF(ジフ)など、その形式はさまざま。デジカメ撮影で一般的に使われているJPGは、データ容量を少なく抑えることができ非常に便利です。しかし一方で調整を加えて保存しなおすたびに少しずつ劣化する特徴も持っており、注意が必要です。

 

そこでおすすめなのが、RAW(ロウ)データです。最近のデジタルカメラであれば、撮影した写真データをJPGとRAWで選択できる商品も多く、なかにはその両方で撮影できるカメラもあります。デフォルト設定では、たいていの場合がJPGデータになっているので、現像を考えている人はRAWデータに設定し直しましょう。



これが調整前の写真。現像ソフトを使って、空をより青く、建物を明るく調整したい
 出典  Funmee!!編集部
これが調整前の写真。現像ソフトを使って、空をより青く、建物を明るく調整したい


上の写真のようにモヤがかかったような冴えない色味で撮れてしまった場合、現像によってさまざまな調整を加えていくのですが、JPGだと発生してしまう劣化が、RAWだと発生しないのです。

 

ただし、RAWも万能ではありません。なによりJPGなら抑えられたデータサイズが、RAWは大きなサイズになってしまいます。また、現像ソフトなら開けますが、まだまだ開ける写真ソフトは限られています。そのため、WEBなどで掲載する際にはRAWで撮ってJPGなど目的にあったデータ形式で書き出して使います。



【現像1】明るさやコントラストを調整してみよう


現像ソフトには、「明るさ」、「コントラスト」という機能があり、それぞれのスライダーを操作し、数値を上げたり下げたりして調整します。一般的に、数値が上がれば明るく、下がれば暗くなります。

 

RAWデータ写真を実際に現像してみます。左の画像は、コントラストを強くして陰影を強調。力強くシャープな印象に調整しました。右の画像は、逆にコントラストを下げて明るさを上げたもの。やわらかくあたたかい印象に調整しました。



現像ソフトの調整画面例。以下、現像ソフト「Capture One」を使って紹介します
 出典  Funmee!!編集部
現像ソフトの調整画面例。以下、現像ソフト「Capture One」を使って紹介します


このように調整前のぼんやりした雰囲気の写真データから、自分が受けた印象や使用する目的に合わせて幅広い表現を生み出すことができます。写真全体のメリハリを調整したいときに有効です。



【現像2】色かぶりや色味を調整してみよう


室内蛍光灯や電球、LEDライトなど自然光以外の環境で撮影すると、その光源がもつ光の色によって写真の色みが変わります。そのことを「色かぶり」といい、カメラ本体のホワイトバランス設定によって予防や補正することも可能ですが、現像ソフトを使えばより詳細な補正と色の調整が可能です。



左が調整前、右が調整後。室内光の色かぶりを直してみた
 出典  Funmee!!編集部
左が調整前、右が調整後。室内光の色かぶりを直してみた


そこで、ピザ店で撮影した切り売りピザの画像を現像してみます。左の写真は、室内光の赤みが色かぶりしています。これを現像ソフトの「ホワイトバランス」のスライダーを操作し、右写真のような仕上がりに。ホワイトバランスを調整後、赤・緑・黄色の各色をそれぞれ調整することでより自然なイタリアンピザの色味を再現できました。

 

一般的に「ホワイトバランス」は、数値が上がると赤みが強くなり、下がると赤みが弱くなります。さらに「彩度」の数値を上げれば、全体の色味が濃くなり、数値を下げれば色味が浅くなります。



スライダーを動かせば、ホワイトバランスやカラーエディターを調整できます
 出典  Funmee!!編集部
スライダーを動かせば、ホワイトバランスやカラーエディターを調整できます


イタリアらしくカラフルに仕上げたい場合は、ホワイトバランスと彩度を高く調整、逆に色味を抑えてシックに大人っぽい印象にしたい場合は、それぞれの数値を下げると希望の印象に近づけるはずです。

 

操作方法とともに、数値の増減によってどんな印象へ変化するのかも覚えておくと便利です。



【現像3】トリミングで構図を調整してみよう


現像ソフトがあれば、デジカメで横長に撮った写真をインスタグラム用にスクエアにトリミングすることも可能です。元の写真データを保存し、コピーした画像を使えば何度でもトリミングができます。



同じ被写体でもトリミング次第で、伝えたい印象を変えることができる
 出典  Funmee!!編集部
同じ被写体でもトリミング次第で、伝えたい印象を変えることができる


上記写真のようにダヴィデ像の全身を写した写真から、力強い腕を入れたトリミングが左。ダヴィデの若々しい強さが伝わります。右側はダヴィデの目を切り取るようにトリミング。若きダヴィデの闘志とともに、天才彫刻家ミケランジェロの職人技が光るトリミングです。

 

右写真のように、大きな写真から一部分をクローズアップさせるトリミングの場合は、シャープネスや明瞭度などを一緒に調整することで、写真の質を維持することができます。



【現像4】そのほか便利な機能いろいろ


現像ソフトには、明るさ・色み・トリミングのほかにも、さまざまな調整機能があります。いくつかご紹介しましょう。

 

建物の内観や外観を撮影したときに生じてしまいがちな「パース」。場合によっては斜めに見えてしまうこともあり、気になるものです。下の写真のように下からあおって撮影した写真はとくにパースが出てしまいがちです。そこで現像ソフトを使えば比較的自然に見えるようパースを調整することができます。



左の柱や椅子が歪んだ写真を、パース調整で右のようにまっすぐに補正
 出典  Funmee!!編集部
左の柱や椅子が歪んだ写真を、パース調整で右のようにまっすぐに補正


また、広角レンズに見られる周辺の歪みや周辺光量落ちも、「レンズプロファイルの適用」機能によって解消することができます。

 

そのほか、写り込んでしまったゴミなどを消すスポッティング機能やノイズ軽減、マスク機能など、よりよい写真に仕上げる機能が現像ソフトには備わっています。

 

 

現像ソフトで細やかな調整をすることで、あなたが撮った素敵な1枚がより素晴らしい作品に仕上がる日もすぐそこです。



RAWを現像する仕組みやソフトの使い方について、深めていくことでさらに写真がおもしろくなります


===

文:山田裕子(Yuko Yamada)



カメラ
カメラ
2018年4月2日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング