May 31, 2024

Author: fun mee

カジノシークレット

カジノシークレットの成功の軌跡:日本で最も人気のあるオンラインカジノへの道

カジノシークレットの紹介 カジノシークレットは、日本のオンラインカジノ市場において、その革新的なアプローチとユーザー中心のサービスで急速に人気を集めています。このプラットフォームは、幅広いゲームの選択肢、魅力的なボーナス、そして何よりもユーザー体験に重点を置いたサービスで知られています。 日本におけるオンラインカジノの歴史と発展 オンラインカジノは、日本において比較的新しい現象です。法的な制約と文化的な要因により、オンラインギャンブルは長い間、日本では限定的でした。しかし、技術の進歩と社会の変化により、オンラインカジノは急速に普及し、多くの日本人に受け入れられるようになりました。 カジノシークレットの独自性と革新性 カジノシークレットは、独自のゲームと革新的なサービスで市場に新風を吹き込んでいます。ユーザーは、伝統的なテーブルゲームから最新のスロットまで、多様なゲームを楽しむことができます。また、カジノシークレットは、ユーザーのプレイスタイルに合わせたパーソナライズされた体験を提供することで、顧客満足度を高めています。 マーケティング戦略とブランド構築 カジノシークレットのブランドは、効果的なマーケティング戦略によって強化されています。彼らは、ソーシャルメディア、オンライン広告、そして口コミを通じて、ブランドの認知度を高めています。これにより、新規顧客の獲得と既存顧客のロイヤルティの向上が図られています。 ユーザーレビューと評判 カジノシークレットは、ユーザーからの高い評価を受けています。特に、その信頼性、安全性、顧客サポートの質が高く評価されています。ユーザーレビューは、新規顧客にとって重要な情報源となり、カジノの信頼性を裏付けるものとなっています。 カジノシークレットの法的側面と規制 日本では、オンラインカジノは厳しい法的規制の下にあります。カジノシークレットは、これらの規制を遵守し、合法的な運営を行っています。これにより、ユーザーは安心してサービスを利用することができます。 技術革新とカジノシークレット カジノシークレットは、最新の技術を積極的に取り入れています。これにより、ゲームの品質が向上し、ユーザー体験が豊かになっています。例えば、高度なグラフィックスやリアルタイムのゲームプレイが可能になっています。 競合他社との比較

Read More

人生の夢だったワーゲンバスを買ったら自分のアイデンティティを超えて「人生そのもの」になっちゃった!

はじめまして。 Funmee!!を運営しているトライバルメディアハウスという会社の代表を務める「のん太」です。 サーフィンとワーゲンバスとキャンプが大好き! これからDIYと登山と釣りとカレーにドハマリしたい43歳です。 これから、「趣味がある生活って最高!好きがもっと好きになるって最高!!」という暑苦しい記事をたくさん書いていきたいと思っています。 今回はその第一弾。 僕の人生の夢だったワーゲンバス(正式名称:VOLKSWAGEN Type2)を購入したら、アイデンティティを超えて「人生そのもの」になっちゃった! というお話です。 夢だったワーゲンバスを購入するキッカケは、夢だったサーフィンを始めたことだった 「いつかやってみたい」って思ったまま、何年も経っちゃってた――! なんてこと、よくありますよね。ご多分にもれず、僕もそうでした。サーフィンも20代の頃からずーっと「やりたいなー。始めたいなー」と思い続けて、気付いたら40代も半ばになっていました。「このままだと、いつかいつかって言ったまま死んでしまう!」と奮い立ち、会社の仲間に連れて行ってもらったのがきっかけです。 波に押される感覚がたまらなく幸せで、できなかったことができるようになっていくことが快感で、波待ちしているときに水平線を眺めながら自然と一体になっているような気分にひたれるサーフィンに、一気に心が奪われました。 それからは毎週のように東京の自宅から千葉北へ通う日々。サーフィンにハマるうちにボードが車内に積める海用の車が欲しくなってきて、そのときに思い出したのが、ワーゲンバスです! ドイツ車にしてアメリカ西海岸カルチャーの象徴です。 夢だったワーゲンバスに一目惚れ。内金5,000円を払って即買いしちゃった! 最初は正式名称も知りませんでした。しかもいま所有しているアーリーバス(前期型)とレイトバス(後期型)の違いもよくわかっていませんでした。 ワーゲンバスを中古検索サイトで調べてみたら、欲しいと思っていたエメラルドグリーンと白のツートンの出物が! お店を見ると、埼玉の吉川。Google

Read More

【趣味はコーヒー】コーヒー豆は、これだけ覚えればOK!

コーヒー好きを自認する人は多いと思いますが、そのなかで何人が好みのコーヒー豆を知っているでしょうか。 好みのコーヒーショップでお任せのコーヒーを飲むのも、前知識なしに新たなコーヒーとの偶然の出合いを楽しむのも良いですが、やはりコーヒー豆の種類、そしてその個性を知っていれば、よりいっそう味の違いを堪能することができるはず。 コーヒー豆の基本をおさえて、自分好みの豆を見極めましょう! 「趣味はコーヒー」の連載一覧はこちら コーヒー豆の2大品種をチェック! 200種類を超えるとも言われるコーヒーの品種。こう聞くと、膨大過ぎて把握することが不可能と感じられるかもしれませんが、主に日本で親しまれているのはアラビカ種とロブスタ種の2種。まずはこの2種のコーヒー豆のキャラクターを知るところから始めてみましょう。 バランスに長けた「アラビカ種」  出典  Funmee!!編集部 病害虫に弱く、標高の高い地域での栽培が基本ですが、コーヒー豆総生産量の約70%を占めるほど普及しているのがアラビカ種。なかでも豊かな香りと苦み、甘みを持つ一級品は、スペシャルティコーヒーとして高く評価されています。自然交配や改良により品種が細かく分かれており、特にブルボン種、ティピカ種は世界各地で収穫されています。 クセが魅力の「ロブスタ種」  出典  Funmee!!編集部 ロブスタ種は低地栽培ができ、病害虫にも強いため、生産量が安定しているのが特徴。ただし、特有の泥臭さがあり、そのまま飲むには適さないとされています。コクを増幅させるアクセントとして、エスプレッソに少量混ぜて使うのが一般的で、アラビカ種より劣る性質とされてきましたが、最近では良質なロブスタ種が出現し注目を集めています。 個性の異なる2つのスタンダード そもそもコーヒーの栽培は年間を通して平均20℃程度で、生長期に十分な雨量のあること条件。最も適するには赤道付近の温暖な地域で、南米、アフリカ、東南アジアと帯状に生産地が連なるため、コーヒー生産に適したこの一帯は「コーヒーベルト」と呼ばれています。 飲用のコーヒー豆は、上で紹介したアラビカ種とロブスタ種(カネフォラ種の一種)に大別され、味としては前者が優れているとされてきました。コクと香りが豊かで酸味があり、レギュラーコーヒーに最適だからです。日本の自家焙煎コーヒー店も、まずアラビカ種を扱うところが多いのはこうした理由が背景にあります。アラビカ種の原産国はエチオピア。現在ではブラジルやコロンビア、中米からアジアで栽培されています。突然変異や改良により分化し、2004年にはパナマ国際オークションで最高落札価格を記録したゲイシャ種が話題となりました。

Read More

【ザ・使い込んでる部】︎38 求める形を削りだせるタミヤ「モデラーズナイフPRO」

使い続けるのには理由がある。愛し続けられるのには想いがある。そんな趣味にまつわるこだわりの”私物”を紹介する「ザ・使い込んでる部」。 俳優、梅里アーツさんは、“arts”と名乗る通り、絵、音楽、写真……とマルチな芸術に才能を発揮。今回は、最近どっぷりハマっているオリジナルのラジコンやフィギュアづくりに愛用するタミヤのモデラーズナイフを紹介していただきました。 「ザ・使い込んでる部」の連載一覧はこちら 絵画の道から一転、俳優に もともとは絵が好きで、大学は美術系で油絵専攻してたんですよ。大学院までいって教員免許も取ったんですけど……。もっと自分自身でパフォーマンスしたいと思って、卒業したらすぐ上京して俳優目指すことにしちゃいました。演技の経験?……なかったです。母親は3日くらい泣いてましたね。 上京した当時は俳優としてやってくのに必死でしたけど、息抜きで秋葉原に行くのが大好きで。小学校の頃からラジコン好きだったんですよ。秋葉原はラジコン屋もあるし、サブカルチャーの聖地だし、「市場調査」って名目で暇さえあれば通って(笑)。そこでフィギュアにも出会いました。 「欲しい」よりも「つくりたい!」 ラジコンって、車体をつくって走らせるだけじゃなくて、いろんなアクセサリーでドレスアップしてオリジナルの一台に仕上げていくのも楽しいんですよね。 アクセサリーは、ラジコン屋に行けばもちろん売ってます。でも自分の場合、できれば自分でつくったものを載せたい。それが楽しいんです。 なかにはラジコンに乗せる人形をつくってる人もいて、そういうの見てるうちにフィギュアにも注目するようになって……。いまのフィギュアって、造形がものすごくリアルなんですよ。どうやってつくってんだろう? って見てると、「欲しい」っていうより「俺もこういうのつくりたい!」って思っちゃって。 コレ一本であらゆる形を削りだせる フィギュアづくりは、大雑把にいうと粘土で骨組みに肉付けして、固まったら彫刻みたいに削って形をつくって、仕上げに表面をやすりで削って滑らかにしていきます。 精巧につくろうとするほど使う道具もいろいろで、ネットで調べまくってかなり揃えました。でも結局一番気に入ってるのが、最初に買ったタミヤの「モデラーズナイフPRO」なんです。 直線刃、曲線刃、平刃と3タイプの刃がセットになってるんですが、とくに曲線刃は広い面でも細かい面でも曲面でもオールマイティに削れる。ほとんどこれだけでフィギュアの形ができちゃうくらいです。 フィギュアみたいな立体物って、結局は面と面とのつながりでできてるんですよね。線は補助的なもので、実際にはあまりない。だからいろんな面を削り出せるこのナイフで求める形を探していく作業になるんです。

Read More

テントサウナパーティって、知ってる?

湖や川辺など大自然の中でテントを張り、蒸気浴(テントサウナ)で温まったら、川や湖に飛び込み大自然の水風呂を満喫。そしてほとりで休んで外気浴を楽しむ……。 これをただひたすら繰り返すテントサウナパーティ。想像しただけでも気持ちよさそうですよね。 今回は、テントサウナパーティ主催の藤山誠さんに野外サウナの魅力を教えてもらいました。 サウナで“ととのう”と、五感も鋭くなり気持ちもポジティブに 「サウナが大好きな人たちのあいだでは、終わった後の気持ちいい状態を”ととのった”と言うのですが、気持ちがポジティブになり、五感も鋭く、そして頭もクリアになります。結果として、今まで気がつかなかったモノの美しさに気づくこともあるんです。僕たちのやっているテントサウナも“パーティ”と名付けていますが、本質は瞑想したり、精神を高めるところにあると思います」 藤山さんいわく、サウナでととのうと仕事のアイデアもどんどん出てくるそうで、働く大人たちにとってまさにイイコトだらけ! 忙しい人たちへテントサウナがおすすめの理由 屋外のテントサウナが働く大人たちにおすすめな理由は、大自然というロケーション以外にもあるんだとか。 「大自然の中でのロウリュって、すごく気持ちがいいんです」 ロウリュとは、フィンランドに伝わる入浴法で、薪ストーブの上で熱せられているサウナストーンに水をかけ、ものすごい勢いで蒸気を発生させ、体感温度をあげて汗をかきやすくすること。 このロウリュによって、蒸気が体をあたためてくれるのですが、たっぷり汗をたくさんかいた後に、川や湖に飛びこむと「自我が消えて、自然と一体になれたような感覚」が味わえるんだとか。 「もう1つはヴィヒタ(vihita)と呼ばれる白樺の若葉です」 テントサウナパーティでは、この葉っぱで身体を軽く叩いたり、マッサージしたりするそうです。林さんによると、ヴィヒタは化粧品にも使われることがあるらしく、香りも良く、とにかく気持ちがいいとのこと! 毎日忙しい日々を送る大人たちにとって、癒しの空間になること間違いなしです。 サウナは前戯、水風呂が本番、外気浴は余韻を楽しむ時間

Read More

’90sカルチャーを追体験!いま聴きたい渋谷系アルバム10選【後編】

元ピチカート・ファイヴの野宮真貴さんが2年連続で著書を出版するなど、渋谷系ブームの渦中にいた方たちの活躍は目覚ましいものがあります。 約20年が過ぎたいま、渋谷系の音楽はどのように響くのでしょうか。 今回は前編に引き続き、同時代に渋谷系の音源を買い漁っていたタワーレコ―ドの内田暁男さんに、思い入れのある名盤5枚をセレクトしてもらいました。それでは、どうぞ! かせきさいだぁ『かせきさいだぁ≡』(1995) かせきさいだぁはもともと、LB NationのTonepaysというヒップホップ・グループに所属していました。このアルバムもサウンド的にはヒップホップですが、そこにインディーポップ的ともいえる叙情性を持ち込んだアプローチで、当時、非常に新しかったです。 トラックやリリックの引用元は、はっぴいえんど、つげ義春、The Beatlesといったユニークなラインナップ。たとえば、「冬へと走り出そう」という曲は、Aztec Cameraの「Walk Out to Winter」が元ネタです。 レコーディングには、ホフディランのワタナベイビー、HICKSVILLEの木暮(晋也)さん、川辺ヒロシさんといった、渋谷系の重要人物が参加しています。渋谷系が内包していた、多様な音楽性を体現する作品の一つです。 サニーデイ・サービス『東京』(1996) ディープな音楽ファンとして知られている曽我部(恵一)さんは、当時、いろいろな音楽にアクセスした末にはっぴいえんどや日本の古いフォークミュージックにたどり着き、それらをエッセンスとしてサニーデイに取り入れていました。

Read More

ギターのない人生なんてありえない! 野村義男さんのギター愛

プロギタリストとして様々なミュージシャンとステージを共にする一方、日本有数のギターコレクターとしても著名な、“よっちゃん”こと野村義男さん。 近年入手したコレクションの一部を紹介していただくとともに、ギターへの愛情や集め続ける理由を語っていただきました。 ひと目惚れして、衝動買いしたギターたち コレクションの一部を背に語る野村義男さん  出典  Funmee!!編集部 膨大な数のコレクションを、自宅のほかガレージを数棟借りて保管しているという野村さんですが、「集めている」という意識はゼロなんだとか。「こんなにあってもしょうがないと思うのですが、すべて衝動買いなんです。探して見つかるようなものでもないのですが、日本中の楽器屋さんや質屋さんを日々めぐっていると、遭遇しちゃうんですよ。ほしいギターと!」 手持ちのラインナップも流動的で、数年前にギターの写真集を出した野村さんですが、今そのうちの100本近くは手元になく、その分新しいものと常に入れ替わり続けているそうです。 最高のギターを未来に引き継ぎたい お気に入りの一本「カスタムテレキャスター」を手にとった野村さん。膨大なコレクションを維持するメンテナンスの秘訣は「オイルやワックスなど、余計なことはせずに1〜2時間かけて丁寧に手の脂を拭き上げ磨くこと」だそう  出典  Funmee!!編集部 現在も300本以上ものギターを持っている野村さんですが、半分以上は弾いていないんだとか。その理由は「未来に、最高のギターを残したいから」だといいます。 「例えば、70年近く前のギターがとてもいい状態で手に入ったとしますよね。それってつまり、前のオーナーたちが丁寧に扱ってきてくれたお陰なわけです。自分もそれと同じことをしたい。それだけなんです」 野村さんは自分の所持しているギターに対して、”自分がこのギターの最後のオーナー”とは思っておらず、ずっと先の未来に生きる人に”過去にこういうギターがあった”ということを伝えたいと思い、日々ギターと向き合っています。 ギターを愛しているから、「みんなが持っていないもの」がほしい! 珍しいマンドリンのような弾き味のギター

Read More