May 29, 2024

Category: 自動車

人生の夢だったワーゲンバスを買ったら自分のアイデンティティを超えて「人生そのもの」になっちゃった!

はじめまして。 Funmee!!を運営しているトライバルメディアハウスという会社の代表を務める「のん太」です。 サーフィンとワーゲンバスとキャンプが大好き! これからDIYと登山と釣りとカレーにドハマリしたい43歳です。 これから、「趣味がある生活って最高!好きがもっと好きになるって最高!!」という暑苦しい記事をたくさん書いていきたいと思っています。 今回はその第一弾。 僕の人生の夢だったワーゲンバス(正式名称:VOLKSWAGEN Type2)を購入したら、アイデンティティを超えて「人生そのもの」になっちゃった! というお話です。 夢だったワーゲンバスを購入するキッカケは、夢だったサーフィンを始めたことだった 「いつかやってみたい」って思ったまま、何年も経っちゃってた――! なんてこと、よくありますよね。ご多分にもれず、僕もそうでした。サーフィンも20代の頃からずーっと「やりたいなー。始めたいなー」と思い続けて、気付いたら40代も半ばになっていました。「このままだと、いつかいつかって言ったまま死んでしまう!」と奮い立ち、会社の仲間に連れて行ってもらったのがきっかけです。 波に押される感覚がたまらなく幸せで、できなかったことができるようになっていくことが快感で、波待ちしているときに水平線を眺めながら自然と一体になっているような気分にひたれるサーフィンに、一気に心が奪われました。 それからは毎週のように東京の自宅から千葉北へ通う日々。サーフィンにハマるうちにボードが車内に積める海用の車が欲しくなってきて、そのときに思い出したのが、ワーゲンバスです! ドイツ車にしてアメリカ西海岸カルチャーの象徴です。 夢だったワーゲンバスに一目惚れ。内金5,000円を払って即買いしちゃった! 最初は正式名称も知りませんでした。しかもいま所有しているアーリーバス(前期型)とレイトバス(後期型)の違いもよくわかっていませんでした。 ワーゲンバスを中古検索サイトで調べてみたら、欲しいと思っていたエメラルドグリーンと白のツートンの出物が! お店を見ると、埼玉の吉川。Google

Read More